愛和住販スタッフのブログ

埼玉県坂戸市にある不動産屋「愛和住販」のスタッフのブログです。不動産に関するマメ知識から映画や音楽などのサブカルのことまで。スタッフの日々の日常をほぼ毎日綴っています。

ヒロムン(日々の生活などの雑記)

こんにちは。

最近ネットで絶賛炎上中の木下優樹菜さんですが、このまま表舞台から姿を消してしまいそうですね。
木下さんの炎上を知らない方は下記リンクから。
https://dot.asahi.com/dot/2019102300034.html


個人的に、ヘキサゴンファミリーは番組が全盛期だった当時から物凄く嫌悪感を抱いていて、今でも「おバカタレント」という括りの芸能人が出ているとチャンネルを変えてしまいます。(おバカキャラとバカは似て非なるもので、後者は人として恥ずべきことなのに面白いでしょ?と言わんばかりの顔で堂々としている姿を見ると白けてしまいます)

そんなヘキサゴンファミリー出身で「チョリーッス✌」でお馴染みの木下優樹菜さんですが、前職では少しお世話になった方でした。

以前の職場で僕がWEBマーケティングのコンサルタントとして、某商品の販促活動に携わっていた際、ネットから売上と費用を何気なく確認していると、それぞれが通常の3倍以上になっていました。
急いでクライアントに新規の販促活動の有無を確認しても、原因が分からないとのことでしたが、数時間後に原因が判明。木下優樹菜さんが「この商品めっちゃ良い~^^」的な投稿をしていたことが分かりました。

ネット広告などでは、企業が有名人にお金を払って、さも何気なく使ってるかのような投稿をさせていることが日常茶飯事ですが、木下さんはシンプルにこの商品の愛用者として投稿していたのです。

お陰様で?投稿後3日間くらいの売上はとても増えましたが、その分クライアントが販促費として用意していた1か月分の予算があっという間になくなり、販促費用を別の部門から工面して頂くなど、バタバタな1週間となりました。

このエピソードから考えても、木下優樹菜さんはとても自分の感情に正直な方なんだと思います。今回の炎上騒動も実姉を想っての行動だったのでしょうが、裏目に出てしまった結果ではないでしょうか。いつの日かその素直さで善行をした際にはヘキサゴンファミリーの「父ちゃん」こと某大御所から「優樹菜の行動って素敵やん?それってめっちゃ感動するやん?」って言われると良いですね。

それでは(*^-^*)




このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

今日の夜は、僕が大学生時代に塾でアルバイトとをしていた時の教え子と飲みに行ってきます。僕はアルバイトをいくつか掛け持ちでやっていましたが、当時の斜に構えていた僕は「友達と遊ぶために面倒だけどアルバイトしてお金もらってるんだから、アルバイト同士で遊びに行ったり飲みに行くのなんて本来の目的からズレてるぜ」と思っていたので、仕事中に雑談するくらいで、バイト同士で遊んだり飲みに行ったりすることを頑なに拒んでいました(笑)なので学生時代のアルバイト先の同僚の連絡先も、もはや誰と働いていたのかも覚えておりません(笑)

そんな中、先日SNSで見覚えのない女性からフォロー申請が来て確認をすると、当時中学生だった教え子でした。飲みに行こうと誘ってきてくれたので行ってきますが、なんだか感慨深いですね。

当時中学生だった子が今では女子大生で成人もしている訳ですから。僕がその子を教えていた時は19歳くらいでしたが、その年齢よりも上なんですもんね。

そりゃこっちも歳をとるわけですね。自分の誕生日で歳を重ねることよりも、知り合いの子供とかの年齢を聞いた時の方が、自分の年齢を実感しますね。

実に8年ぶりくらいに再会するので、もはや今流行りのマッチングアプリでアポ取って人と会う並みの初めまして感が僕の中では強いのですが、こうして連絡を取ってきてくれることは素直に嬉しいことなので、元気そうな近況を聞けるといいです。

それでは(*^-^*)
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

このブログは会社のブログなのですが、もはや最近は自分の備忘録や書きたいことしか書かなくなってきてしまいました。今日はいつも以上に自己満足なブログを書くため、完全に数少ない閲覧者様を無視する記事になりますがお許しください(; ・`д・´)


最近、毎晩遅くまでFF8リマスター(ファイナルファンタジーというRPGの8作目。今から20年前の作品の映像がキレイになった最新作)をプレイしているのですが、サブイベントなどをメインで行っているので、プレイ時間とストーリー進行具合が全然合っていないです。話がまだ半分くらいまでしか進めていない段階で、苦労して主人公スコールの最強武器「ライオンハート」が完成しました( ;∀;)

この最強武器をGETするのが本当に大変なんです。

武器を作るのにはモンスターを倒して素材をゲットすることが必要なのですが、最強武器に必要な素材は3種類あって、3種類とも出現率が低いモンスターを倒した中でも数%でしかもらえない素材ばかりなのです。また今の僕のストーリー進行では、ある1種類モンスターが出てこない状況なので、普通にプレイしていると最強武器を作ることはできません。

そこで、FF8の醍醐味であるカードバトルです。カードバトルでそれらのモンスターのカードを大量にゲットし、そのカードを素材に変化させてつくったのです。(カードバトル上でも勿論レアカード扱いなので、そのカードを持っている人物を行動範囲が限られている中で探すのにも苦労しました)

おなじカードを20枚集めるためにひたすらカードバトルをし、レアモンスターと出くわすためにひたすら歩きまわるなど、夜な夜な涙ぐましい努力をした結果の最強武器GETは本当に泣きそうになりました( ;∀;)

GETして余韻に浸っていたら時刻が午前2時を指していたので、寝ようとしたときふと気づきました。
「毎日2時くらいまで一人で何やってるんだろう('_')」

急に我に返ってしまい先ほどとは違う種類の涙が頬を伝い、枕を濡らしたのは言うまでもありません。
この急に俯瞰して自分が見えちゃう時って、恥ずかしいですよね(笑)

今日からはのめり込みに注意したいと思います。

それでは(*^-^*)








このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

最近は部屋にある読みかけでそのままにしてあった本を1冊ずつ読破していっているのですが、一昨日読み終わった経営学の本に「お客様の定義を考えろ」という言葉がでてきました。

(※経営学の本を読んでると聞くと、意識高い系に思われてしまうのであれですが、なぜか分からないけど学生時代に買ってそのままになっていた1冊です。「経営学」自体に何の興味もなく、むしろこの分野の学問にはかなり懐疑的です。)

まあでも「考えろ」と言われると考えたくなるので、これも完全に興味本位で考えてみました。

「お客様」と聞くとどういう人を思い浮かべるでしょうか?辞書では「お金を払って、物品やサービスを求める人」とあります。マーケティング辞書では「自社の商品・サービスを販売する対象。すでに購入してくれている顧客だけでなく、購入の可能性のある範囲までを含めてとらえる必要がある」と書いてあります。

この2つの意味から考えると、前者は顕在層のみ、後者は潜在層も含めて「お客様」と定義しているといえます。また共通認識で「お金が払える人」ということが前提になっています。

不動産売買の場合に当てはめると、ご案内をする場合ご購入まで至ることの方が圧倒的に少ないです。要は顕在層ではなく、潜在層の人が見に来る割合の方が多いということですね。

この潜在層の人たちを「お客様」と捉えるか「買わない人=お客様ではない」と捉えるかで大きく変わってくるのではないでしょうか?捉え方1つで今後のアプローチ方法も違いますしね。

個人的には、この潜在層の方々を顕在層に変えていくことが企業努力や営業マンの力量なんじゃないかなと思いました。(それが簡単にできたら苦労はしませんけども・・・)

余談ですが、企業や売主側が詳細にお客様を定義するためには「ペルソナ化」や「SWOT分析」と呼ばれる手法があったり、潜在層や顕在層の中にもそれぞれ段階があったりしてその図が面白かったりするのですが、これはまた暇なときに紹介しようかなと思います。(もはやウンチクレベルの話ですがね。)

それでは(*^-^*)


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

ニュースを見ていて、最近印象に残ったのが「あんたすごいわよ」と言葉巧みに人に近づき、金投資を持ち掛け、1995年から累計3億円もだまし取ったとされている83歳の女性の逮捕ニュースです。

https://www.fnn.jp/posts/00425297CX/201910091234_CX_CX

「あんたすごいわよ」というフレーズを聞いた瞬間に「あんた死ぬわよ」や「あんた地獄に墜ちるわよ」などの一発ギャグ名セリフを持っている某有名占い師の女性を思い出してしまいました。

この詐欺師の女性は勿論犯罪を犯しているので悪い人なのですが、営業マンとしての能力が高すぎると感じます。詐欺の手法としては、「金の値段が上がっているから投資したほうが良い。そのお金は私が代わりにあずかるから」という稚拙なものですが、これを知人や見ず知らずの人など不特定多数の人に話して3億円もだましてるんです。

普通なら見ず知らずの人から「あんたすごいわよ!金の値段あがってるわ!」って言われて本当に投資する気が起きたなら、自分で投資しますよね。金投資なんてFXや不動産投資と比べて敷居も低いし、どこでも手に入るわけですから。
でも、被害者たちはこの女性を信頼して、お金を預けたわけで、この女性には人を安心させたる何かがあったわけです。

そう考えるとこの女性は話術や洞察力に優れていたとしか考えられないので、どんなすごい手法だったのか気になってしまいますね。その能力をいい方向に向けてほしかったですね。

3億円の被害ってかなり大きいのに、大々的なニュースになっていないのが不思議です。
皆さんも他人からの美味しい話には気を付けましょう。おいしい話をしてくる人の殆どは「ウォール街の靴磨き少年」ですから(笑)

それでは。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ