愛和住販スタッフのブログ

埼玉県坂戸市にある不動産屋「愛和住販」のスタッフのブログです。不動産に関するマメ知識から映画や音楽などのサブカルのことまで。スタッフの日々の日常をほぼ毎日綴っています。

ヒロムン(日々の生活などの雑記)

こんにちは。


早いもので2月も今日で終わりですね。2月はおかげさまで忙しく過ごすことができました(笑)
3月も今のところ引き続き忙しくなりそうな予定です。嬉しい限りです。


個人的には誕生月だったのですが、自分が何歳になったのか?ということがパッと出てこなくなってきました。(気持ちはピチピチの20歳です)


3月中頃くらいから緊急事態宣言が解除予定で動きつつありますが、徐々に暖かくなってきたせいか、既に土日祝日は人の動きが活発な気がしています。(道路も混んでいます)


僕はインドア派なので、「自粛期間」と言われてもノーダメージだと思っていましたが、やっぱり普段ご飯を食べに行ったり、銭湯に行ったりする友人達と会えないのは多少さみしいですね。


自粛期間が空けたからと言ってすぐに出歩きまくるのは怖いので、様子を見ながら友人と食事にでも行こうと思います。


最近サボり気味の本ブログをご覧頂いてありがとうございました~(笑)


それでは(*^-^*)

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。


先日、友人から「名古屋に転勤の話が出ており悩んでいる」といった内容の連絡がきました。僕は新卒で勤めていた会社が名古屋だったので、社会に出てすぐに名古屋に住み始めた経験があります。


厳密には転勤ではないですが、その経験を考えると転勤は一長一短だなと思います。家族がいる場合はデメリットの方が多いと思いますが、独身で付き合ってる人もいないみたいなパターンだと「行ってもいいような気もする・・・」的に思っちゃいますよね。


僕が関東を離れて一番いやだったのは、「知り合いがいない」ということでした。名古屋では会社の人しか知らないので、当時の先輩たちには本当良くしてもらったなあと思いますし、今でも定期的に連絡を取ったり会ったりもしています。


「知り合いがいない」って意外とさみしいんだなと、ふとした瞬間に思っていましたね。


逆に楽しいと思えたのは、知らない文化に触れ合えることでした。東京と埼玉だとあまり文化というか風習はそこまで変わらないと思うのですが、名古屋に行ったら「これが当たり前なのか」という発見ができたのは知見が広がった気がしてよかったです。(エスカレーターの立ち位置が逆とか)


「知り合いがいない」と嘆いていた僕も名古屋を去る直前には、プライベートで知り合った人も結構できて、一緒に遊んだりもしていたので、結局どこにいても自分がどうするかですけどね(笑)


もし次に転勤するなら博多とかに住んでみたいなあ~なんて思ってます(弊社は転勤ございません)


それでは(*^-^*)
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。


アラサー世代ということもあって、ここ数年は数々の結婚式に参加したり、結婚報告を受けたりしています。昨年も本来であれば春先から夏にかけて3件出席を予定していましたが、コロナ禍によって「延期」や「中止」となったため、参加をしていません。


それから約1年。「延期」になっていた結婚式の予定が2件迫ってきてまいりました。(笑)


そのうちの1件は「中止」と連絡があり、友人は高額なキャンセル料をやむなく払ったそうです。
そして、もう1件は「決行」または「再延期」で悩んでいるということを風の便りできいています(笑)


招待されている側からすると「結局やるの?」って簡単にきけないんですよね。本人たちが1番神経質になっているお題だと思うので、、、ただ欲を言えば早く決断をしてほしいですね。


決行と言われて「慶んでいきます!」と言える気分でもなく、「再延期」と言われたら「はやく消化したい」と思ってしまう複雑な胸中です。


はっきり中止にしてしまうと、キャンセル料が発生し、やれるタイミングまで延期としておけばキャンセル料はかからない仕組みみたいなので、本人たちも難しいところですよね。


僕は結婚の予定が残念ながら今のところありませんが、参加する側も結構気を遣うので、コロナ禍より前もそんなに行きたくなかったですが、今は尚更行きたくなくなってきました(笑)「行けば楽しいけど、行くまでが憂鬱」の代表例です(笑)


それでは(*^-^*)
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。


今日は弊社所有の土地の決済が近くなったため、各種書類発行と解体後の土地の様子を見に同業者の方と八王子市まで行ってきました。


解体後の土地がいい感じになっていましたので、無事に引渡しができそうでホッと安心しました。
土地は家が建っている時と更地だと、全然違う場所に見えるので解体後の物件を見ると毎回新たな発見がありますね。今回の土地でいうと、「意外と広い!」と感じました。


坂戸市にある弊社ですが、埼玉県外の買取も大歓迎です。こちらの地域にお住まいの方で県外に売却を検討している不動産をお持ちの方でも、ご対応ができますので現地の不動産業者に出向く手間がないのも、愛和住販のメリットだと思いますので、お気軽にご相談下さい(*´▽`*)




フリーダイヤル:0120-04-0705

それでは(*^-^*)
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。


今年の冬は例年より寒いと感じています。(毎年同じ事を思っていますが)


そんな寒い季節に起こる現象「ヒートショック」をご存知でしょうか?
これは寒暖差があることで、心筋梗塞や脳梗塞を起こしてしまう現象のことです。


代表例として、お風呂への入浴が挙げられます。


入浴をする前の準備として効果的とされているものの代表例は以下の5つだそうです。


・入浴前に水を飲む
・熱いお湯にしない
・長風呂はしない
・飲酒後及び服薬後の入浴はしない
・食後すぐの入浴は避ける


入浴以外でも注意は必要ですが、特に入浴時のヒートショックが発生率としては高めです。


私の部屋は別名「シベリア地方」と呼ばれている激寒部屋となっていて、なにもしないと室内温度計が3度~5度前後となっています。(角部屋で窓が2方向にある且つ、何故か段差があり下がっているのが原因だと思われます。)


私の部屋のヒーターは入りタイマーがなく、切りタイマーだけなので起きるころには極寒です(笑)


先日、やっと入りタイマー付きの器具を調達し、「これで快適」と思って起きる3時間前くらいに入りタイマーをセットしたところ、入りタイマーは1時間で自動的に切れる仕組みらしく、朝起きた時に通常通り極寒で涙しました(笑)


一昨日あたりから完全に把握したので、適温で快適に目覚めることができております(笑)


皆さんもお部屋はなるべく暖かくして過ごして下さい。コロナ禍の今、コロナ以外の病気であっても以前のように気軽に診察は受けられませんからね・・・健康第一です。


それでは(*^-^*)
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ