愛和住販スタッフのブログ

埼玉県坂戸市にある不動産屋「愛和住販」のスタッフのブログです。不動産に関するマメ知識から映画や音楽などのサブカルのことまで。スタッフの日々の日常をほぼ毎日綴っています。

ヒロムン(サブカル系 映画や音楽等)

お待たせしました。(誰も待ってないと思いますが)
クリストファー・ノーラン感得の『インターステラー』を観ました。

「インターステラー 映画」の画像検索結果

ノーラン監督といえば、『ダークナイトシリーズ』や『インソムニア』でおなじみですが、
僕はそれらを観たことはなく、2017年公開の『ダンケルク』という戦争映画を何故か1人で
映画館で観て、初めてノーラン監督の作品に触れました。

今回の『インターステラー』のあらすじは、
地球滅亡の危機にあるため、人類が移住できる新たな星を見つけるために、
主人公たち乗組員が様々な星を探検するが・・・

的な話となっております。(ストーリーが長いので、あらすじは超大雑把です)

主人公たちがある惑星を探索しますが、そこでの1時間は地球の7年で、
23年ほど無駄にしてしまう出来事があります。
そこで主人公の娘が主人公と同じ歳になってしまっているときの衝撃はすごかったです。


早速評価ですが、評価は8点(10点満点中)です。
宇宙の映画というと、『オデッセイ』や『ゼログラビティ』を観たことがありますが、
それらの映画はどちらかというと映像美を重視していて、ストーリーが微妙だなと
思っているのですが、この作品は映像美というよりも、ストーリーを重視している作品のため、
のめり込んで観ることができました。

この作品のテーマは「愛」だと思うのですが、「愛」は理屈や不可能を超えるということを
宇宙という舞台で壮大に演出していると感じました。
ラストシーンでは、それぞれの「愛」を選択し、別々の道を進んだ主人公と相棒の女性が、
それぞれの場所で見た光景には驚かされました。

とにかく壮大な演出と作り込まれた人間模様で、必見の映画であることは間違いありません。

じゃあなぜ8点なのかということで、以下マイナス2点の要素をご紹介します。
・本編が長い(2時間40分くらい)のでまた観る気にはなれない
・ラストシーンで息子の安否を気に掛けず、娘ばかり心配している主人公に疑問

余談ですが、基本僕が10点をつける作品は、
また絶対に観ると思えるかどうかが大きいので8点はめちゃくちゃ高評価です。

一通り借りていた映画は観てしまったのですが、
また何か借りたら感想書きます~( ;∀;)
























このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の映画ブログにて次回は『インターステラー』感想を書くとお伝えしましたが、
昨日、友人と急遽『ヴィジット』の鑑賞会をしたので、こちらを書いていきます。

「ビジット 映画」の画像検索結果

こちらの作品は『シックスセンス』の監督が、手掛けたホラーサスペンスとなっています。
話のあらすじは、幼い姉弟が、1週間母親方の祖父母の家に遊びに行くのですが、
祖父母と会うのは初めて。緊張しながら祖父母と対面し、祖父母は優しく接してくれるが、
ある夜祖父母の奇妙な行動を目撃してしまう・・・

というような感じですかね。

映画の撮り方的には、『ブレアウィッチプロジェクト』や『パラノーマルアクティビティ』
のように、姉弟がそれぞれが撮影しているビデオの映像を観ている感じです。

『シックスセンス』をご覧の方は想像つくかもですが、
めちゃくちゃ怖いシーンというのは特になく、サスペンス要素のほうが強い作品です。

個人的な評価は5点です(10点満点中)

90分という尺の短さも手伝って、中だるみすることなく観れます。
また、登場人物の抱えている負い目など心理描写も上手く演出しているので、
感情移入を一番大事にしている僕からしたら、それだけでいい作品だと思えてきちゃうわけです。

どんでん返しについては、なんとなくオチが読めていたので、
少し微妙でしたが、オチが分かった上で細かい描写などを楽しむためにも
もう一度観ようかなと思います。

次回こそ、『インターステラー』についてかきます( ;∀;)

















このエントリーをはてなブックマークに追加

遂に石井隆監督の『GONIN』を観てしまいました。(前置きしますが、長いです)


レビュー
https://movies.yahoo.co.jp/movie/87906/

この作品を語る前に、冒頭で述べた「遂に」の理由を書かせてください。
(---------------------------------------の部分は僕の回想なので興味ない方はとばしてください)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
この作品の名前とストーリーを知ったのは今からおよそ8年ほど前。
大学生だった僕は、新しくできた友人(今でも親交のある)と探り探りで会話をしていた時、
好きな映画の話になり、「北野武映画が好き」と伝えた際、まあまあ映画好きの僕よりも
間違いなく100倍以上の映画を観ている彼から「ならGONINは絶対に気に入るよ」と
言われたのが最初でした。

自宅近くのレンタルショップで探すも見当たらず、彼はビデオ版なら持ってるから貸してくれると
いうものの、僕の家に再生機がなく断念。そこから月日は流れていきました。

しかし、2015年に正統派続編である『GONINサーガ』が今をときめく俳優の一人東出昌大主演で
公開が決まり、近くのレンタルビデオ屋にも『GONINシリーズ』が取り扱われることに。

そこでも、何となくみることに躊躇してしまい、それからも映画を観ようとレンタルショップ
に行っては『GONIN』を手に取っては戻し別の作品を借りる・・・を繰り返すこと4年。

8年越しに「遂に」観ることができました( ;∀;)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ストーリーは一般人VS反社会勢力の構図で、
あらゆる事情で切羽詰まった一般人5人が反社の金庫からお金を盗み出し、
そこから反社の反撃が始まる・・・

という、どこにでもあるありふれた内容です。

が、故 根津甚八さん、ビートたけしさんを始めとした
豪華俳優陣の名演技がこの雑な素材を高級料理に仕立てあげています。
(余談ですが、幼き頃の栗山千明さんも出演されています。5秒くらいwww)

特に好きなシーンは邦画マニアの中でも名シーンの1つとして
語られることの多い、竹中直人さんの自宅への帰宅シーン。

これは真夏の夜のテレビ番組で放送される恐怖映像よりも
数倍ゾッとしました。(グロテスクとか突然何かが起こるとかではなく、
「あっ・・・」と段々気づいて怖くなる感じです)

これ以上この作品を書き続けると延々と書いてしまえる自分が急に怖くなったので、
評価に移ります。

評価は20点です(10点満点中)

本当に素晴らしい作品でした。
筆舌に尽くしがたいです。必見です。

公開から24年とのことですが、
僕は今日までの24年間を後悔しました。

ただし、評価が本当に真っ二つに割れてしまっている作品のため、
つまらない人には本当に駄作と感じてしまうでしょう・・・

僕は返却までのあと6日間で確実にあと2回は観ます。

次回の映画コラムは『インターステラー』について書きます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

『サンドラの週末』という、ベルギー・フランス・イタリア合作の2014年の映画を観ました。

公式サイト
http://www.bitters.co.jp/sandra/story.html



レビュー

https://movies.yahoo.co.jp/movie/350924/


物語のあらすじは、うつ病で休職していた主人公の女性サンドラが、

復職をしようとしたところ、社長から
「経営難のため君を復職させるなら、他の従業員16人のボーナスをなしにする」と言われ、
他の16人がサンドラをとるか、ボーナスをとるかの投票をすることに。

投票日は月曜日とのことで、16人に自分を選んでもらうように奔走するサンドラの土日の
2日間を描いた作品です。

題材としてはとても小さな問題なのかもですが、
労働者たちに投票させることで、民主主義的な選択を与えているように見せかけている社長を見て、
現代社会の縮図だなと感じる作品でした。

また自分がどの立場にいても、辛い選択を迫られることになるので、
とても考えさせられる映画でした。

僕の映画採点としては4点です(10点満点)

以下の疑問点がずっと気になってしまいました。
・うつ病は治ったから私に投票してくれとお願いしている割に、
 毎日大量の精神安定剤を摂取しているサンドラさんwww

・上記の状態で、復職できたとしてその後同じことを繰り返すのではないか?

・サンドラに投票することを決意した人のうち2名の家庭で、
 修復不可能なほどの溝ができているにも関わらず、大して気に留めないサンドラさんwww

作品からの現代社会に対する投げかけは素晴らしい意気込みだとは感じましたが、
上記部分がどうしても、サンドラさんを応援できない雰囲気を作ってしまいました。

気になった方は是非、借りてみてください(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加

この前の仕事終わりに、DVDを何本か借りに行きました。
その中の1つ『君の鳥はうたえる』を観ました。

公式サイト
http://kiminotori.com/

レビューサイト
https://movies.yahoo.co.jp/movie/364270/


この映画は20代前半の男女3人の青春恋愛映画です。
ストーリーを要約すると、
AくんBさんが付き合う→CくんがBさん好きになる→BさんもCくんが好きになる→Aくんはどうする?
これで終わりですwwwww

青春恋愛映画といえば、それこそJKが夏休みに観に行く流行りのイケメンと女優の
胸キュンシーンと狙いました感満載のお涙頂戴シーンで構成している
恋愛映画を思い浮かべると思いますが、

この映画は逆に何も起きず、話も進まず、感動もせず、笑いも起こらず、気づいたら終わっていたレベルで本当にひたすら日常生活を眺めている傍観者の立場として鑑賞する作品になっています。

主人公役の柄本佑氏は、サイコパス役や犯罪者役のイメージが強い役者だと思いますが、
今回の作品では、その持ち味を活かして
若者特有の何を考えているか分からない不気味さや不安定さを表情や行動で見せつけてくれています。

映像に関しては舞台が函館ということもあり、夜の街並み等の使い方がキレイで、
テンポもいい感じで進んでいき、日常感やリアル感を出すことを工夫したであろうカメラワークも上手いなあと思いました。

さて、ここまで色々と良かった点を殴り書きしましたが、
僕の映画評価としては、2点です(10点満点中)

同じ雰囲気の青春恋愛映画なら、『横道世之介』のほうが遥かに優れていると感じました。
『横道世之介』レビューサイト
https://movies.yahoo.co.jp/movie/341931/

『君の鳥はうたえる』の中の若者たちは、全く覇気がなく
全てのことを放棄して自由を求めているような人間たちで共感ができないかつ、
作中で感情を口に出して伝えてくれないので、
細かい動作や微妙なニュアンスでしか察することができません。

また、彼らにはピーターパンシンドロームをこじらせた中二病的な印象があり、
「そんなことはどうだっていいから真面目に働けよwww」的に思わざるを得なかったです。

恋愛映画というカテゴリではなく、映像の目線やドキュメンタリー的なジャンルとして
観るのであれば良いと思いますが、それだとそのジャンルにある作品たちには到底及ばないので、
結局すべてが中途半端な作品だと思いました。

ただ、色々と考えたり観た人と話したいことは沢山できるような作品なので、
鑑賞中よりも鑑賞後のほうが、楽しめる作品ではないでしょうか!

夏の青春恋愛系を観るのであれば、『横道世之介』が僕の中のオススメです。
それでは。







このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ