愛和住販スタッフのブログ

埼玉県坂戸市にある不動産屋「愛和住販」のスタッフのブログです。不動産に関するマメ知識から映画や音楽などのサブカルのことまで。スタッフの日々の日常をほぼ毎日綴っています。

ヒロムン(サブカル系 映画や音楽等)

こんにちは。

昨日の夜、ららぽーと富士見にてアカデミー賞など様々な賞を受賞した韓国映画『パラサイト半地下
の家族』を観てきました。

この映画はDVDが出たら観ようと思っていたのですが、友人に急遽誘われ観に行くことになりました。
あらすじは下記からご覧ください。

パラサイト公式サイト

評価は10点中9点です!!殆ど満点です。ストーリー・メタファー・演技どこを取っても欠点がない気がします。ネタバレなしで評価を書くのが本当に難しいのですが、観終わった後は色々なことを考えさせられる映画です。また、様々なところで伏線があるので、2回目はそれを探しながら観るのもありです。

僕はストーリーを一切知らずに鑑賞しましたが、あまり余計な知識を付けずに観に行った方が良いです。本当にオススメです!!(あまり恋人同士で観に行くのはおススメしません)

以下は鑑賞した人向けの感想を書きましたので、お気を付けください。僕の感想なので、「これは~だろう」と思ったことも正解かどうかは分かりません。個人の考察です。

以下ネタバレあり
















-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
この映画のテーマは「格差」だが、その「上下」を意識させる撮り方(階段の上り下り、逃げるシーンではひたすら下に降り続けるシーン)や、最初の消毒のシーン、主人公に付いてくる石の意味など、細かい部分まで丁寧に作り込んでいる印象。

消毒をされたり身分を偽ったところで、根本的な「匂い」=「育ち」は消すことができないし、「匂い」は意識的に消そうとしても難しい部分。「育ち」を「匂い」で表現しているのは残酷だけど、それがリアル。本質的に違う世界に生きている人間同士が交わっていても良いことがないから、地下に戻らざるを得ないし、地下の方が落ち着く。

1番面白いと思ったのは、家主が寄生(パラサイト)されていることを一切「知らない」ということ。気付いているとか、気づきそうとかではなくて最後まで「知らない」で終わる。これがこの映画を面白くした部分だと思う。「知らない」というのが現実の社会を表していて、とても感傷に浸ってしまった。
少しでもこの家主が懐疑的な目を向けていたらこの作品は平凡な映画になっていたと思う。

そして、家主も彼らに寄生(パラサイト)した上であの生活が成り立っているというのも面白い。

主人公に付いてくる石は、彼の漠然とした「希望」や「執着心」を表していて、「希望」や「執着」を捨てた地下の男がその石で彼を殴るシーンや、最後に石をあるべき場所に戻したことで彼自身が居るべき場所に戻り、計画的かつ現実的な「希望」を持ったのかな~と考察。

1度だけしか観ていないですが、観ながらこんなことを思ってました。また観たら再レビューします。色々伏線とかも回収したいですね。



それでは(*^-^*)












このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

世間のB-boy達の間では、若くして宇多田ヒカルともコラボしたラッパーKOHHの引退宣言が話題となっています。(僕はB-boyではありませんが)

そんなKOHHも勿論かっこ良いのですが、(高田純次をリスペクトしていて『Junji takada』という曲も出してます(笑))今日は僕の大好きなイケメンラッパーSALUについて書きたいと思います。
無題

SALUは今年32歳になるのですがデビューは24歳の時。それまではシンガポールでラーメン屋の店長をやったりと様々な仕事をしていました。

デビュー当初からその才能は評価され続け「天才」と評され続けてきました。SALUの噂を聞きつけた有名ラッパーや有名アーティストはSALUとコラボ楽曲を出したりしています。皆さんが知っている方だと清水翔太さんやEXILE、湘南乃風、SMAP、新しい地図の香取慎吾等々に楽曲提供やコラボをしています。また、最近ではEXILEの事務所でm-floも移籍した「LDH」に移籍しており、より活躍のフィールドを広げています。

スタイル的にはゴリゴリで韻を踏みまくるというよりオシャレなトラックに独特のワードセンスでフロウがカッコイイ感じです。世間の「ラッパー=不良・やたらとマジ感謝してる」というイメージをぶっ壊してます。

そして何よりイケメンということもあり、普段ラップを聞かない女性層の支持も集めています。実はSALUは最近まで何歳なのかもどういう生い立ちなのかも不明でしたが、最新アルバム『gifted』で自分自身の過去を公表しました。(この『gifted』ってアルバムはマジで神アルバムです。長年日本語ラップを聴いてきた中でも10番以内には入る名盤だと思ってます)

このアルバムでSALUは離婚そして現在は再婚していることをサラっと公表し、女性ファンのSNSでは阿鼻叫喚になっています(笑)アイドルならまだしも、歌手ですからね。

SALUのアルバムはコンセプトがあって『gifted』はPOPな曲はなく難易度が高めなので、初めての聴くなら『INDIGO』というアルバムをオススメします。最近改めて聴いてますが、やっぱり全曲かっこいいんですよね。系統が違うオススメの楽曲を下にいくつか貼るので、お時間あれば聴いてみてください。ちなみにSALUの楽曲は各種音楽サイトで聴けるので、是非。

AKLO『RGTO feat.SALU Kダブシャイン』
→SALUが客演している曲。SALUの名パンチライン「SALUくんには頑張ってほしい。は?お前が頑張れ似非評論家」はあまりにも有名。この一言で心を掴まれた不良系B-boyは沢山いると思います。

SALU『WALK THIS WAY』INDIGOに収録
→失恋を歌った曲です。壮大なバラード。

SALU『life style feat.D.O 漢a.k.aGAMI』INDIGOに収録
→ほぼ半グレに近い大物ラッパー2人とのコラボ曲なのにオシャレ。

SALU『夜に失くすfeat.ゆるふわギャング』INDIGOに収録
→ゆるふわギャングという新進気鋭の男女2人組ユニットとのコラボ曲。ゆるふわギャングが良い。

SALU『RAP GAME』giftedに収録
→SALUのルーツが少しだけ垣間見える楽曲。上3曲よりテンポが速い。小細工なしの直球RAP。


それでは(*^-^*)
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

昨日の仕事終わりは『バーンアフターリーディング』(犯罪・コメディ)と『gifted』(ホームドラマ)を鑑賞しました。『バーンアフターリーディング』は6点(10点中)『gifted』は2点(10点中)でした。『gifted』はこのブログをご覧頂いている読者様 I氏 から感想記事が欲しいとリクエストされましたので、とても酷評になっちゃって嫌なのですが、書いていきます。(この映画はとても評価が高い映画なので、好きな人が多いと思いますが個々の価値観ということでご愛嬌)

※『gifted』ってアメイジングスパイダーマンの監督(マークウェブ氏)が撮った作品なんですね。


あらすじ

あらすじを超簡潔にいうと、超天才の女の子を巡る親権争いですね。現時点で一緒に生活していて、女の子には普通の子供のように過ごしてほしい叔父さんVS才能を発揮するために英才教育を施したい祖母の話です。

僕は人に勧められたからとかジャケットだけで判断して借りるのですが、久しぶりに「これからは借りる前にあらすじ読もう」と思いました(笑) テーマが安いというか開始10分くらいで「あ~叔父さんが色んな壁を乗り越えて本当の親として成長していく物語かなあ」って思った瞬間に冷めました。

設定の時点で「泣かせますよ!皆さん!!いきますよ!!」みたいな映画が苦手です。

あと日本語吹替で観たのですが、女の子役の声優さんの声が違和感でした。きっとこの女の子の演技は日本で言うところの芦田まなちゃん並みの名子役だと思うのですが、声優がはまってなかったです。

この映画に出てくる大人たちは全員自己中です。それぞれの大人から真逆の価値観を押し付けられて女の子は混乱してしまうのですが、正直どれが正解かなんて分からないのが人生。映画の結末もハッピーエンド風でしたが、女の子にとってそれが正しいかは誰にも分からないです。

でも人間は各々が価値観を持ってる訳なので、誰かに意見を主張するというのは、同時に相手に価値観を押し付けることでもあると思うので、大人たちの行動は誰もが行う自然な行為なんですよね。なので、そのやり取りを2時間に渡って見せられても「ああ、そうですか(白目)」としか思えず・・・(;´∀`)

おそらくこの映画のテーマには「本当の幸せ」とか「家族」とかあるんでしょうけど、そんなテーマはハリウッド映画で高尚気取って観なくたって、大家族番組「痛快!ビッグダディ」を見てれば分かるんですよ。(笑)

数年前にあまりのつまらなさから、開始20分から2倍速で観た(もはや観てない)宇宙映画『ゼログラビティ』といい勝負でしたね。

本当に酷評になってしまいましたが、まだまだ語れます。それくらい語れる映画です(フォローになってますかね?) 読者のI氏さんが好きな作品だったらごめんなさい。面白くなかったけど無駄な時間ではなかったです。またリクエストをお待ちしております!

ちなみに映画に2点を付けた理由は、女の子の演技力に1点と、僕の嫌いな映画のジャンルがこの映画を観て分かったに1点です。

総評【「家族系」は「痛快!ビッグダディ」で充分。】

それでは(*^-^*)
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

今日はベースの話をしますので、完全に趣味の世界の話です。すみません。

先日GO:MIXER PRO を買ったことを書きましたが暇なときにそれを使って録音しています。自分でベースの音を聞いているとどうもしっくりこないんですよね。

エフェクターも持っているので自分なりに音色を変えたりしているのですが、それでも微妙に違和感を感じてしまいます(笑)振り返ってみると中学2年生からベースを弾き始めて、かれこれ6本目のベーㇲなのですが一時期家に3本くらいベースが置いてあった時代もありました(笑)その当時は初心者セットとか安物ベースを何本か持っていて、そのあとバイトしてコツコツ貯めたお金で40万円するLAKLANDのアクティブベースを買った思い出があります。(諸事情でなくなく売ってしまいました)

今はXJAPANのTAIJIさんでおなじみのKILLERのパッシブベース(20万円くらいで購入した変形ベースじゃないプレべタイプ)を使っていますが、それとは別にアクティブベースが1本欲しくなっちゃいました。狙いはESPです(車で言うとレクサスとかCIMAみたいな国産ハイブランドの位置付けのメーカー)

新品で買ったらとんでもない値段ですし、ただの趣味なので勿論中古で狙いたいです。

アクティブベースだと、馬力が違うのでブリブリな音が出せます。アクティブとパッシブの2本持ちが当面の夢になりそうです(笑) それよりもまずは、1弦が切れたままになっているエレキギターの弦が早急に欲しいですが(笑)

それでは(*^-^*)


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

今週は『イエスマン』『パルプフィクション』『キャッチ・ミー・イフ・ユーキャン』の3本を鑑賞しました。『イエスマン』は2点(10点中)『パルプフィクション』は9点(10点中)『キャッチ・ミー・イフ・ユーキャン』7点(10点中) というような感じでした。

『パルプフィクション』がダントツで一番面白かったのですが、ジャンルもバイオレンスですし、好みがとても分かれる作品だと思うので、『キャッチ・ミー・イフ・ユーキャン』について語りたいと思います。

あらすじ

一家離散してしまい失意の中、社会的地位に目を付け、パイロット・弁護士・医者に成りすますことで小切手詐欺を働く少年役のディカプリオと、奥さん・娘と離婚してしまったFBIのトムハンクスの物語です。これは実話を基にして作られているのですが、脚色されているとはいえ、経歴は実話のままなのでぶっ飛んでます。

実話を謳っているので観る前に結末は分かりますが、
そこまでの内容がクスッときたり、ヒヤヒヤしたりの「緊張と緩和」のテンポが良かったです。

何も考えずに観ても楽しめますし考察が好きな人向けには、この映画のテーマを挙げるとしたら「親子」だと思うので、ディカプリオを子ども、トムハンクスを父親という目線で観ていくと別の視点で面白いと思います。(この二人は作中でルパンと銭形のような関係になり、徐々に仲良くなっていき、トムハンクスは息子を心配するような感じになります。ちなみに実話でもその後親友だそうです。)

今日はDVDを返しに行くので、また3本くらい適当に借りてみます~

それでは(*^-^*)














このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ