愛和住販スタッフのブログ

埼玉県坂戸市にある不動産屋「愛和住販」のスタッフのブログです。不動産に関するマメ知識から映画や音楽などのサブカルのことまで。スタッフの日々の日常をほぼ毎日綴っています。

ヒロムン(不動産コラム 業界のこと)

こんにちは。

昨日は不動産業界の一大イベント宅建の試験がありました。毎年10月の3週目の日曜日に開催している宅建試験が近づくと、どこの不動産屋でもこの話が出ない日はないんじゃないでしょうか?

そもそも宅建を持っている人しか行ってはいけない業務は以下3つです。

1.重要事項の説明
2.重要事項説明書への記名押印
3.契約書への記名押印

また、会社としては同一店舗に従業員の5人に1人の割合で宅建士がいないと違法です。

弊社は営業マン全員が宅建士のため、この話が全く話題に上がらなかったのですが、業界の先輩たちと電話をしていると「今日は俺以外みんな宅建でいないから大変だよ~」などの話を聞いて、業界の一大イベントを感じました。

宅建の思い出といえば僕は初めての不動産屋さんに入った3年前に資格を取得しましたが、受験勉強をしている僕に対して、当時の先輩(今は疎遠)がとても煽ってきたことを思い出します。「宅建がないのは運転免許がないのと同じ」なんて文言は腐るほど言われました・・・

そんなことをいう人に限って何年もかけてようやく合格した人という噂を聞いたので、僕が一発合格した際に「先輩は宅建を数年かけて取得したって聞いたのですが、それまでずっと無免許で取引してたってことだとしたらやばいっすよね?」と嫌味を言った時のひきつった先輩の顔は今でも忘れません。

個人的に思うのは、「宅建を持っていない=できない人」というわけではありません。逆も然りで、「宅建も持っている=できる人」というのも間違いです。


僕の思い出の先輩のように「宅建」を持っているからというだけで、新人相手にふんぞり返ることができるほど超難関な資格でもないと思います。
(合格率15%と聞くと難しそうですが、受けている層が幅広いため、真面目に勉強してきた人たちだけの合格率でいえば30%~40%くらいはあるんじゃないでしょうか)

ただ「宅建」を持っていて損することはないので、持っていたほうが良いと思います。(仕事が自己完結できない点が一番厄介なので)

僕もしっかりとした宅建士になれるように日々精進します。

それでは(*^-^*)













このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

昨日は宅建業者の法定講習会に参加してきました。1500人ほど収容できる大ホールにて行われましたが、内容としては市場の現状、広告の注意点、来年からの民法改正に伴う契約書・重説の書き方をそれらの専門家から話を聞くといったものでした。

1つの店舗に1人の参加は強制なので僕が行ってきましたが、周りは社長と思われる年齢層高めの人たちが多かったです。

興味深かったのは、弁護士による民法改正に伴う重説や契約書の書き方のポイント講習だったのですが、殆どが「クレーマー対策」的な書き方のアドバイスでした。

弁護士の方も、「いちゃもんをつけられないように誰が見ても1つの解釈で捉えられるように書かないといけない時代」的なことを言っていました。確かに前職の不動産屋でも売買契約書や重説に書く事項は1つ「いちゃもん」をつけられるごとに、どんどん増えていましたし、その内容の殆どは「こんなの言わなくてもわかるでしょ」という内容です。(例:車庫スペースは車種だったり、運転者の技量次第では駐車できませんので予めご了承下さい。とか、将来周辺環境が変わる可能性がありますとか)

殆どの人が「そんなこと当然だよ」と思うかもしれませんが、わざわざ書くのはそういうことを書かなかったことでトラブルが起きている事例があるからな訳です。

今後も不動産取引が無くならない限り、記載する内容は多くなり続けるのです。


不動産に限らずですが、近年は消費者やエンドユーザーの声が大きくなっている世の中ですね。小売店とか飲食店とかでも店員さんに態度が横柄な人を見かけることが多くなった気がします。勿論、不当な事に対して主張することは大事ですが、あることないこと言ったり、揚げ足を取ったり、大げさに言ったりするのはマナーとしてどうかなと思ってしまいます。供給者も需要者もお互いに調子に乗らなければ、もっと良い社会になるのに。と無駄にワールドワイドな目線で考えてしまいました。

それでは(*^-^*)








このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

不動産業界にいると、サラリーマンの方が投資用物件を求めてお問合せを頂いたりすることが多々あります。弊社では投資用物件も扱っておりますので、ご相談は可能です。勿論、投資を考えていく上で大幅な値動きも少なく、価値が0にならない不動産投資は手堅い手法だと思いますが、最近はM&Aが流行っている世の中なので、中小企業や零細企業も個人の方が買える金額で募集が出ていたりします。

例えばGoogle先生で「M&A 300万円以下」と軽く調べるだけでも300社近い会社が売りに出しています。まあその多くは弊社のように零細企業でしたり、地元密着型の会社様なので、先日のZOZO買収のような華麗なイメージとはかけ離れているとはいえます(尤も、投資家=煌びやか的なイメージをされている方は投資家に向いていないと思いますが・・・)

キャッシュフローがしっかりしている会社でも、後継ぎ問題などが深刻化している会社だと、泣く泣く手放すという選択もあるんだと思います。
https://gentosha-go.com/articles/-/23355

確かに、僕ら(20代)世代の人たちはバブル崩壊後に生まれた人たちで、親御さんたちからは「安定」や「大企業」という言葉を聞いて育ってきた方が多いと思うので、自分の親が経営している地方の会社を「是非とも継ぎたい」と思う人って殆ど居ないと思うんです。

2代目・3代目社長になった人達はこれまでの地位を捨てて相当な覚悟を持って継ぐことを決めたと思うので、とても大変そうだなと思ってしまいますね。

話が逸れましたが、M&Aが個人投資家でも充分検討可能な時代になっているので、僕も何か一つお金を貯めて会社を買おうかななんて妄想してしまいました。
それでは(*^-^*)
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

Yahoo!ニュースで火災保険料の値上げがほぼ決定したとの記事をみました。
近年の自然災害での請求が多くなったためで、値上げするのは2年連続とのことです。
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20191005-00000018-ann-bus_all

最近はどこかの地域でなにかしらの災害が起きていて、その度に「被災地・被災者」という言葉が使われていますが、その内「被災地・被災者」じゃない地域の方が少なくなるんじゃないでしょうか。

今後ますます、災害は多くなると思うのでそれに伴い火災保険料もどんどん高くなることが予測されるので、火災保険の新規加入や更新は最長期間のもので契約をした方がいいですね。


それでは(*´▽`*)

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

今日は最後まで書いていたら愚痴のブログになってしまいましたが、
ご興味ある方はご一読ください。

土日祝に家の前で座ってたりしてる不動産屋さんを見ることがあると思いますが、
あれが所謂「現地販売会」というものです。

よく売主さんが立っていると思っている方もいますが、仲介業者である場合が殆どです。
売主さんから許可を頂いた業者が現地販売会を実施しています。

僕も親しくしている売主さんから、さいたま市の複数の場所で現地販売会を開催していますが、中には同業者でいじわるをしてくる業者さんもいます。(誰もが知っている大手の会社さんでも平然としてきます)

例えば、現地不在時でも、お客様に情報をお伝えできるようにパンフレットを複数枚設置していると、
翌日には全て捨てられていたりが代表的です。(これはまだかわいいものです)

ここ最近で結構ひどいと思うのは、ご案内時にわざと窓を開けっぱなしにして放置し、売主さんに「窓が開きぱなしになってる」などと僕のせいにされたりもしました。(この2か月で既に3回はこの嫌がらせをされてます。しかも全て同じ会社で、某大手不動産会社さんです)

要は現地販売会を妨害したい気持ちなのでしょうが、それをして一番困るのは、売主様だったりそこに住みたいと思うお客様という事が分からないのでしょうか?

売主さんとは仲良くして頂いているので僕がやってることではないのを理解してもらってるので良いのですが、そんなことをして何になるのかとても疑問ですね。

そして、そんなところの営業マンがお客様を連れて現地に来た時のご案内を見ていると、大抵あることないことをお客様にお伝えしていて、わりと無茶苦茶なことを言っている人もいます。心の中では「それ違うよ」と思って聞いてますが、話に割って入る事はできないため、何も言えないですが・・・

こんな感じのことがあると同じ不動産業界にいる者として、もう少しまともにできないの?と残念な気持ちになってしまいます。特に何回も窓を開けっぱなしにしていった会社さんには心底あきれてしまいました。同じ人がそれをしてくるのではなく、人を変えて同じことをしてるって、もはや会社がそういう経営方針なんだろうなと思わざるを得ないですね。

当然、僕だけがやられている訳ではないので、そこの会社さんは良い噂をあまり聞きません。でもお客様はそういう事情を知らずにアポを取ってしまうわけなので、そこが一番なんともいえない気持ちになります。

不動産取引をご検討している方は、大手だから安心という概念は捨てて(もちろん良い会社も沢山ありますので大手ディスではないです)フラットな目で選定することをお勧めします。意外と近所の小さい不動産屋が良かったりもしますし。(見た目通りダメなところもありますが(笑))

それでは。













このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ