愛和住販スタッフのブログ

埼玉県坂戸市にある不動産屋「愛和住販」のスタッフのブログです。不動産に関するマメ知識から映画や音楽などのサブカルのことまで。スタッフの日々の日常をほぼ毎日綴っています。

ヒロムンのブログ

こんにちは。

お家探しをしている方には色々な人がいらっしゃいますが、ネット問い合わせや現地販売会に足を運んで頂く中で、よくある会話が「他の不動産屋でも案内してもらったけど、その後がしつこいんですよ~」的なことをよくききます。また、現地販売会にお越し頂いた方に、ご連絡先を聞こうとしてもあからさまに僕を「警戒」している雰囲気の方もいらっしゃいます。

「しつこさ」の定義は人それぞれですが、僕が思うに定期的に物件情報の連絡やご案内のご提案をされているだけで「しつこい」と感じる理由は、ご自身が家を買う気持ちが固まっていないか、営業をされている営業マンが嫌だからです。(イケメンからのラインはOKだけど、タイプじゃない男からのマメな連絡はうざいのと一緒ですね( ;∀;))

たまに、夜の忙しい時間帯に急に訪問したり、夜遅くにいきなり電話を掛けるという話を同業者からも聞いたりしますが、それは「しつこい」と思われても仕方ないなと思います。

営業マンも結局は「人」なので相性があります。同じことをしていても誰にそれをされたかで気持ちは変わるものですので、ご自身の「この人話しやすいなあ」みたいな感覚は意外と大事だと思います。
何故なら、不動産は基本的にどこの会社からでも買えますから(笑)安心して話せる人に理想や条件を伝えた方がストレスなく探せます。

また、家探しの段階は不動産屋と関わる初期中の初期なので、契約~決済までのお金に係わる話しにくいことも任せることができると思います。

自分に合う営業マンと出会えれば同じことをされても「しつこく」感じないはずです(笑)個人的には20代から30代で何か聞いても口癖が「あ、大丈夫っすよ」的な人は絶対に嫌ですけど、それが「ノリが良くて若くてハキハキしてて良い」と思う人もいますからね。正解不正解はないです。


ちなみに「しつこい営業」には「他の不動産屋で買うことが決まった」とウソでもいいのでご一報を入れれば、追客リストから消えると思うのでオススメです(笑)要点は「買うことが決まった」という部分です。「買う気がなくなった」「一旦、考える時間が欲しい」だと追客する「隙」がありますので(笑)

それでは(*^-^*)
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

昨日の仕事終わりは南池袋公園の中にあるカフェ「ラシーヌ ファーム トゥ パーク」に行ってきました。公式HP

お昼はカフェで夜はイタリアンレストランになっています。夜の景色はこんな感じです。

ラシーヌ ファーム トゥー パーク - メイン写真:

2階建てですが、2階には2人掛けのソファー席もあり、公園の景色を一望できます。
ソファー席は複数あるので、距離も縮められますね。(笑)



昨日はお肉料理を中心に食べてきました。お酒4杯ずつくらいと普通の男の人が腹7分目くらいの料理で
一人6,000円くらいでした。値段は割高かもしれませんが、中の雰囲気は非常に良いのでデートにはオススメです。






食べ物はこんな感じです。拾い画ですみません(笑)

デートプランとして、ここで長居するのではなく軽くお酒を飲みながら食事をして二人の距離が縮まったところで二件目に静かなBARに誘うのがいいのではないでしょうか?

※僕はデートで行ったわけではありませんので謎のご提案失礼しました( ;∀;) 


それでは(*^-^*)


















このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

ここ一年間くらい、結婚式の準備で大変な日々を過ごしています。
あ、勿論僕のではなくて友達のです( ;∀;)

昨年春の結婚式では余興でバンドを行い、2018年の12月から週1ペースで練習をしました。そこから何件かは結婚式に参加だけで済みましたが、今年も既に見えているだけで4件の結婚式に参加してきます(;'∀')

「今までお前(僕)とつるんでやった友達料を払え」と言わんばかりに「こどおじ」の僕の部屋には赤紙ならぬ白紙(招待状)が何枚も置かれています。白紙を貰ったら、ご祝儀を持って式に出席です!!「ご祝儀貧乏」って昔の人はよく言ったなあと身をもって体験し感心してします。(笑)

僕は結婚の予定が今後の人生においてありませんし、現状何か起きる「予感」すら微塵もない「こどおじ」なので回収することすらできず、この先も搾取され続けるんでしょうね(笑)祝福の気持ちはありますが、ふとした瞬間にこんなことを考えると複雑な気持ちです(笑)

3月、4月は立て続けに結婚式があるのですが、4月は友人代表のスピーチを固辞したにも関わらず任されてしまい、3月の結婚式では余興のムービーへの出演をお願いされたので、大変です。

本日の仕事後は、そのムービー撮影をしに行ってきます・・・今日に限って仕事もいつもより遅くまであるので、いつもより疲れているのですが、疲れた顔で動画を撮ったら友人に申し訳ないので、オロナミンCをがっつりキメてハイテンションキャラを演じてきます!!(祝福の気持ちはありますよ!!←二度目)


結婚式に呼ばれることが多すぎて、精神的にも肉体的にも疲れてきてしまったアラサー独身のつぶやきブログでした。(なんやかんや言いましたが祝福する気持ちは本当にありますからね)

それでは(*^-^*)
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

お蔭様で愛和住販では定期的に不動産ご売却のご相談を頂いております。ご売却のご相談に限った話ではないのですが、たまに不動産について「固定資産の評価額的には○○となってますが、どうですか?」や「路線価的にここの価値はどうですか?」などのご質問を頂くことがあります。

これらの「価値」というのは一般的な不動産売却や購入の際にはあまり意味のない「価値」になってきますので、その理由をご説明をしています。

今日は本記事でも評価額や路線価と不動産業者が査定する金額が異なる理由について、カンタンに纏めてみましたのでお付き合いください。

まず、それぞれの言葉の意味についてをご説明します。

【路線価】
「相続税路線価図」と「固定資産税路線価図」の2種類があり公道の価値を決定し、その公道に接している土地の面積に応じて税額を決定するためのもの。一つ一つの土地の税額を計算していたらキリがないので、道路の価値を基準として税額を算出するために作られるものですね。国税庁のホームページにいけば誰でも見ることができます。

【固定資産税評価額】
固定資産税を払う際に、固定資産税納付通知書が毎年来ると思いますが、そこに記載されている評価額です。これは先ほどの路線価に加えて、用途地区だったり地域ごとの標準宅地との比較だったりを考慮して算出される金額です。

おそらく固定資産税評価額については、毎年目を通すものになるのでその評価=売れる値段という風な認識の方が多くいらっしゃると思います。上記はあくまで税法上の価値の話ですから勘違いしないようにお気を付けください。

実際に不動産業者が査定をする時は、路線価を多少参考にする程度の場合が殆どです。査定方法は色々ありますが、名称を付けてかっこよく言うのであれば下記3種類を総合的に使用して判断しています。

【原価法】
価格時点での対象不動産の再調達原価(建物であれば取り壊して新しく家を建てる費用の事)を求め、この再調達原価から減価修正(耐用年数などの判断材料で減らしていく)をする手法。


【取引事例比較法】
近隣で似たような条件の不動産の売買金額を基に算出します。これが皆さんにとって一番分かりやすいと思います。ただし、これも比較している物件が10年前の事例と比較していたら相場が違ったりもするので、気を付けないといけないですね。


【収益還元法】
不動産が将来得ることが想定される利益と価格を使用して求めるものになります。オーナーチェンジ物件(投資用物件)の時は投資家様が気になる「利回り」というがありますので、こちらの方法を用います。


ご覧の通り、この3つの方法には「路線価」も「固定資産税評価額」も出てこないんですね。税法上の評価と取引上の評価は目的が違うので分けてお考えください。

ちなみに不動産業者で普段から「この不動産は原価法で査定しよう!!」的にこういう用語を使って話す人は見たことありません(笑) そのレベルなので、査定方法の名前なんて覚えておかなくて問題ございません!

東所沢現地販売会ブログ

それでは(*^-^*)

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

昨日の夜、ららぽーと富士見にてアカデミー賞など様々な賞を受賞した韓国映画『パラサイト半地下
の家族』を観てきました。

この映画はDVDが出たら観ようと思っていたのですが、友人に急遽誘われ観に行くことになりました。
あらすじは下記からご覧ください。

パラサイト公式サイト

評価は10点中9点です!!殆ど満点です。ストーリー・メタファー・演技どこを取っても欠点がない気がします。ネタバレなしで評価を書くのが本当に難しいのですが、観終わった後は色々なことを考えさせられる映画です。また、様々なところで伏線があるので、2回目はそれを探しながら観るのもありです。

僕はストーリーを一切知らずに鑑賞しましたが、あまり余計な知識を付けずに観に行った方が良いです。本当にオススメです!!(あまり恋人同士で観に行くのはおススメしません)

以下は鑑賞した人向けの感想を書きましたので、お気を付けください。僕の感想なので、「これは~だろう」と思ったことも正解かどうかは分かりません。個人の考察です。

以下ネタバレあり
















-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
この映画のテーマは「格差」だが、その「上下」を意識させる撮り方(階段の上り下り、逃げるシーンではひたすら下に降り続けるシーン)や、最初の消毒のシーン、主人公に付いてくる石の意味など、細かい部分まで丁寧に作り込んでいる印象。

消毒をされたり身分を偽ったところで、根本的な「匂い」=「育ち」は消すことができないし、「匂い」は意識的に消そうとしても難しい部分。「育ち」を「匂い」で表現しているのは残酷だけど、それがリアル。本質的に違う世界に生きている人間同士が交わっていても良いことがないから、地下に戻らざるを得ないし、地下の方が落ち着く。

1番面白いと思ったのは、家主が寄生(パラサイト)されていることを一切「知らない」ということ。気付いているとか、気づきそうとかではなくて最後まで「知らない」で終わる。これがこの映画を面白くした部分だと思う。「知らない」というのが現実の社会を表していて、とても感傷に浸ってしまった。
少しでもこの家主が懐疑的な目を向けていたらこの作品は平凡な映画になっていたと思う。

そして、家主も彼らに寄生(パラサイト)した上であの生活が成り立っているというのも面白い。

主人公に付いてくる石は、彼の漠然とした「希望」や「執着心」を表していて、「希望」や「執着」を捨てた地下の男がその石で彼を殴るシーンや、最後に石をあるべき場所に戻したことで彼自身が居るべき場所に戻り、計画的かつ現実的な「希望」を持ったのかな~と考察。

1度だけしか観ていないですが、観ながらこんなことを思ってました。また観たら再レビューします。色々伏線とかも回収したいですね。



それでは(*^-^*)












このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ