愛和住販スタッフのブログ

埼玉県坂戸市にある不動産屋「愛和住販」のスタッフのブログです。不動産に関するマメ知識から映画や音楽などのサブカルのことまで。スタッフの日々の日常をほぼ毎日綴っています。

ムメちゃんのブログ

今年は暖冬ではありますが、やっぱり鍋は身体が温まる、冬には欠かせませんね。
それで、土鍋といえば三重県四日市の「三島」が有名ですね。
家にも一個あります。結構、長持ちしています。
土鍋

日本生産の土鍋の80%は三重県四日市で生産されているそうです。
と、ゆうことで「土鍋のルーツ、萬古焼」の歴史を調べてみました。

萬古焼(ばんこやき、万古焼)は、陶磁器・焼き物の一つで、葉長石(ペタライト)を使用して高熱でも割れない耐熱性に優れた特徴を持つ。
陶器と磁器の間の性質を持つ半磁器(炻器)に分類される。



「萬古焼の始祖・沼波弄山(ぬなみろうざん)」(1718年~1777年)
桑名・船馬町の商家に生まれる。幼いころから茶道に親しみもあり、
20歳に窯を開き、陶芸をはじめる。京焼の技法にも似ていたので、最初は茶碗の写し物が多かったが、やがて、華麗な色絵と異国趣味を特徴とするようになったもの好評で次第に有名になり、江戸にも1751年に窯を開いた。
彼は作品に「萬古」あるいは「萬古不易」と印したことより、と呼ばれるようになった。

しかし、後継者がいなくなり、一時途絶えた。

それから数十年後、桑名藩も推奨し、復興し四日市も同じころに、萬古焼が復興された。

明治時代には、原料を輸入し、洋皿やコーヒーカップ等の洋食器がつくられたこともあった。
第二次世界大戦前は対米輸出が主だったことに対し、戦中は材料不足と輸出が途絶え、軍事優先で
金属製品の代用製品を生産していた。空襲で8割の製造設備が焼失するなどの影響があった。

伝統を引き継ぎつつ、戦後、萬古焼の復興は速やかに進み、1959年(昭和34年)頃には高熱を加えても割れない陶土の開発に成功し、「割れない土鍋」として国内シェアを伸ばした。

「三島」の土鍋も1932年創業で(銀峯陶器株式会社)もこの中の一つです。
https://ginpo.co.jp/

何となく使っている、土鍋にもすごい歴史があるのですね。。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュースで毎日報道され、WHOも「新規コロナウイルスで緊急事態宣言」
が出され、
今日のNHKの報道によると
ウイルスによる新型肺炎の中国の患者が1万人突破、259人の死者、
新型コロナウイルスに感染した人が中国他26の国と地域に156人、
内日本では17人
になったようです。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200201/k10012268551000.html


知り合いが政府チャーター機で帰国しました。
直接ではないけど、人づてに聞いたところによると、無事で陰性だったようです。

予防は普段のインフルエンザ、風邪予防方法が推奨されています。

十分なうがい、手洗い基本で、、、アルコール消毒やマスクもよいようです。

気をつけましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加


気象庁H.Pより

令和元年12月以降、東・西日本を中心に気温がかなり高く、日本海側では降雪量が記録的に少なくなっています。
今後も2月にかけて、北日本から西日本の気温は高く、日本海側の降雪量は少ない見込みです。
この状況をもたらしている要因として、日本付近における偏西風(亜熱帯ジェット気流)の北への蛇行や正の北極振動*などにより、
本州付近への寒気の南下が弱く、冬型の気圧配置が続かなかったことが考えられます。

*「正の北極振動」とは、北極域の海面気圧が平年より低く、中緯度域の海面気圧が平年よりも高くなる現象です。

気象1
気象2


と、いうことで、ジェット気流がいつもより、北側と流れていることで、寒気が日本に近づかない。
北極で「正の北極振動」がおきていると、日本では暖冬の傾向になるようです。

雪が毎年降るところ(山やスキー場とか)が降らなかったり、除雪業者に仕事がなかったりと、雪に携わって生活しているところがとても困っていますよね?
湖に氷が張らずスケートやワカサギ釣りが出来なかったり。。。。
気温が高すぎることで、野菜が出来すぎて価格下落で農家が困っていたりとか。。。。。

ただ、すこしづつ冬の平均気温があがってきてはいるので、雪不足は多少は覚悟しているけど、
こんなに暖冬すぎると、ちょっとこれでは、日本の四季感が崩れてしまいそうです。
雪が少ないと雪解け水を必要とする、このあとの春先の農業にも打撃が!
なんか、春だけで夏にも影響ありそうで、、、オリンピックもあるし、、、

1月、2月も暖冬なようです。

どのような影響が出てくるか心配です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

正月に盛岡市に帰省してきました。
近所の史跡です。

盛岡5
DSC_0277
盛岡2
盛岡3

「奥州街道 松並木」盛岡市緑が丘

DSC_0278

雪がありました。
寒い~

このエントリーをはてなブックマークに追加


今回のムメ散歩は「久喜菖蒲公園を訪ねて」の約12kmの散歩

久喜駅→光明寺→甘當院→道合公園→久喜消防署→宝光院→八幡神社→久喜菖蒲公園→久喜総合運動公園→久喜総合文化会館→久喜駅

DSC_0240
DSC_0241
DSC_0242
DSC_0243
DSC_0248
DSC_0249
DSC_0250
DSC_0251
DSC_0252
DSC_0253
DSC_0254
DSC_0256
DSC_0257
DSC_0258
DSC_0259
 
歩道が整備されていて、田んぼ、畑もあり、のんびり散歩出来ました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ