坂戸店スタッフのブログ

愛和住販坂戸店のstaffのブログです。

ムメちゃんのブログ

夏の花火

日本人で最初に花火を見たのは、徳川家康であるという説がある。

通信の手段であった狼煙(のろし)。花火鑑賞に火をつけ、花火作りが始まったとされる。

中でも家康の故郷でもある三河では、今も花火作りが盛んで、有名な伝統花火、『金魚花火』が大量に生産されている。
hanabi1-e1427522377294
江戸でも、花火はとても有名。
花火といえばつきものの、『たまや~かぎや~』という掛け声、実は江戸時代の『玉屋』と『鍵屋』に由来しているのだ。

1659年鍵屋が民間花火業者として成立。鍵屋八代目の頃、番頭の清七という人に暖簾(のれん)分けをし、清七が【玉屋】の屋号で花火屋を始めました。今の隅田川花火大会の原型ともされる、『両国川開き納涼花火』は1733年に始まった。鍵屋は六代目から参加。この大会で、『玉屋』と『鍵屋』は、上流に『玉屋』、下流に『鍵屋』がそれぞれ担当し、二代花火師の競演となった。これを応援する為の掛け声が、『たまや~かぎや~』。歓声とともに花火の美しさを競い合いました。
しかし玉屋は天保14年(1843年)に失火で街を半町程類焼させてしまい、江戸を追放されてなくなってしまいました。

現役のころから「たまや~」の掛け声のほうが多く、その後も掛け声の代名詞として現在に至るのはなぜでしょう?
ひとつは花火の技術が勝っていたこと。もうひとつは、語呂が良いので掛け声を掛けやすかったこと。そして、江戸っ子気質がそうさせたこと。

「橋の上 玉屋玉屋の声ばかり なぜに鍵屋と いわぬ情なし」

これは、実力があったのにたった一代で花火のように消えた「玉屋」への愛情を示したもの。「情」に「錠」をかけており、「鍵屋の声がねぇのもしかたあるめぇ。錠がねぇんで口が開かねぇ」という詠み手の洒落を含んでいます。
illust1817

現代は花火は「鍵屋~!!」なんでしょうね。

「鍵屋(かぎや)」はその後もさまざまな花火を開発して日本の花火界をリードし、現在は女性当主が鍵屋15代目として活躍中で~す。

今年は酷暑、、世界は山火事が発生している、、江戸時代の町火消し

今年は酷暑、、、

今日これから、台風がきますので、風雨が強まっていす、、、、

西日本豪雨の被災地には台風の影響がないことを思いますが、

今までは関東は雨が降っていなかったので、発表とかありませんが水不足はどうなのかなとか思います。水瓶、ダムのある地域では降水量あることを願います
世界を見回すと、異常気象で各地で山火事が起きたりしています。

と、いうことで、今回は江戸時代、、、消防のお話
「火事と喧嘩は江戸の花」
それだけ火事が多い町、、、江戸

江戸は100万人を超えるその当時では、世界最大の都市でした。
それほど、多くの人が住む町の建物は木造、人口密度も高く、ひとたび火事が起こると、大火になったようです。

有名なのは、江戸三大大火【明暦3年(1657)の明暦の大火、明和9年(1772)の明和の大火、文化3年(1806)の文化の大火】
を始め幾多の大火は、復旧復興は徳川幕府にとって、大きな財政負担になりました

第8代将軍徳川吉宗の時に、幕府財政を立て直すため、いわゆる「享保の改革」が進められました。暴れん坊将軍です(笑)
th3ZTDN6AN

thJABPKIS6

折しも儒学者荻生徂徠が「江戸の町を火災から守るには、 町組織による火消し組が必要」と進言し、これを受けた時の南町奉行大岡越前守忠相は、 享保3年(1718)に町火消しを作り
享保5年(1720)には隅田川の西側を受け持つ「いろは四十八組」、 東側の深川・本所を受け持つ「深川本所十六組」を編成し、本格的な町火消し制度を発足させました。
江戸町火消し


そのときにそれぞれの組に火事場での目印として 纏(まとい) を作らせました。
纏は火消し組のシンボルとして欠かせないものになりました。
纏


火消しの当然、消火もしますが、燃え移らない為の建物の壊しも重要な仕事。
鳶職経験者が多かったようです。

余談になりますが、
その為、壊しやすく、普及しやすい木材、工法が用いられ、復興の為に今の木場(木材)にストックし
短期間で建て直し、、、その大工の集団(組)が鹿島建設の前進、鹿島組(屋号 大岩)だったりします。

Q・・・・町火消しにはいろは四十八組にへ組、ら組、ひ組、ん組がない理由は?
A ・・・「へ」は屁、「ひ」は火、「ら」は隠語、「ん」は終を表すという理由で、 「へ」は「百」、「ら」は「千」、「ひ」は「万」、「ん」は「本」に変えられました。

Q・・・・ 大岡越前守忠相が考案した纏とは?
A ・・・・い組の纏

Q ・・・・江戸の大火とはどの程度の規模だったのか?
A ・・・・最も大規模と言われている明暦3年(1657)の「明暦の大火(振袖火事とも言われる)死者約10万人」では、強風に煽られ江戸の町大半に延焼が広がり、江戸城天守閣も失いました。
江戸城天守閣はこれ以降再建されることはなく、復興に力を注いだのは有名な話しです。
明暦の大火における死者数は約10万人と言われています。
元禄16年(1704)の「水戸様火事」では、小石川水戸屋敷から出火し、焼失した武家屋敷275,寺社75,町家20000,死者数は不明、 明和9年(1772)の「明和の大火」では、目黒行人坂大円寺から出火し、焼失した町数が904,死者数約14700、 文化3年(1806)の「文化の大火」では、芝車町から出火し、焼失した町数530,大名屋敷80,寺社80,死者数1200と言われています。

Q・・・・当時銭湯がはやったのはなぜか?
A・・・・当時の一般の町人には風呂を備える経済的な余裕はありませんでした。 家も狭く、これといった娯楽施設があるわけではなく、銭湯が庶民憩いの社交場だったのでしょう。また、 風呂を持つと失火の危険が高まり、世間から火元と疑われるのを避ける風潮も強かったと言われています。 徳川幕府が、火災防止のため様々な通達を行ない、火事の原因となるものを禁じたりもしました。 たとえば、承応2年(1653)には湯屋、風呂屋に対して、暮六つ(午後6時ごろ)までしか風呂を焚いてはならないとか、 翌朝まで風呂の水を抜いてはならないという令が出されました。 花火についても、慶安5年(1652)には、隅田川以外での打ち上げが禁止されたりもしました。 それ以来花火といえば隅田川となり、次第に庶民最大の娯楽となっていきました。

火事は一度燃え広がると被害が大きい災害です。100万人の江戸の町の火消しは貢献を考えると、とても重要な組織だったんですね、、、、、、





こんな暑い続く毎日、涼みた~い

熱いなぁ~!!
最近の気候おかしいなぁ~!!

連日どこもかしこも35度越え、もう40度にも届きそうな毎日でみなさん、熱中症にはお気をつけを~!!

「国内でいちばん涼しいところにいきたなぁ~」
「いったつもりで少しでも涼しくなろう~」と思って調べてみました。

やはり今年は7月岐阜県多治見市、美濃市が40.7度、40.6度で暑い、
7月あつい

来月8月の去年までだと、1位高知県江川崎41.0度、2位埼玉県熊谷40.9で度、岐阜県多治見40.9度です。
8月熱い

んで涼しい場所という所を探して、みました。最高気温の低いランキング
7月 1位 富士山-1.2度 やっぱり日本一の山ですから、一番涼しい(寒い)ですね
   でもその行く為には、登山をしなければ、、、、となります。
   2位~10位まで、北海道が独占しています。
   北海道は埼玉からだと飛行機でっということになりますね。結構遠い、、、
7月さむい

8月は1位 富士山0.6度 他 北海道が多いのですが、、、、
   4位 青森県酸ヶ湯 10.5度
   9位 福島県鷲倉 10.9度
8月寒い1

大雪で有名な青森県酸ヶ湯や福島県鷲倉がランクインしています。
12324
最低気温でいうと北海道のなかに岩手県薮川、区堺なとがあります。

JR東日本 行くぜ、東北。シリーズ 松岡茉優
「縁結び」篇「♪行くぜ東北 岩手の夏は…縁結びの木だって」と松岡茉優さん
「あそこでつながってるんだ!あれ?」
「ちょっと待ってよ!」と男の子を追いかける松岡さん 橋の向こうで何かを言う男の子
「手つなぐ?」「なんで?」「さっき腹減ったって言ってたのか…」「どこ行ってたの?」「ちょっとね…」
行くぜ、東北。JR東日本
行くぜ東北


避暑の地 東北に出かけてみませんか?

井の頭公園と善福寺公園を訪ねま~す

今日のムメ散歩は、井の頭公園と善福寺公園を訪ねます

西荻窪駅スタートです
井萩中央公園、東京女子大前、善福寺公園、サンロード商店街、井の頭公園、井の頭自然文化園、玉川上水、山本有三記念館、ジブリ美術館前、神田川起点、野外ステージ

約12Kmの散歩です

今日は1.5Lの氷水をしょっての散歩になりました

井の頭公園近辺となっています。
thumbnail_DSC_1780[1]

井の頭池を中心に敷地が広がり東の端には神田川が流れ出て、西側には井の頭自然文化園、御殿山の雑木林、玉川上水、西園の運動場やジブリ美術館などの名所が点在する都内有数の公園となっています。
美術館などの名所が点在する都内有数の公園となっています。
花見の名所であり、また、井の頭弁財天などの史跡などもあり、子供から大人まで幅広い年代の人が楽しめるスポットとして、四季通じて多くの人が散策に訪れています。
thumbnail_DSC_1773[1]
thumbnail_DSC_1774[1]
ziburi 2
ジブリ


今回もとてもいい天気で、人、人、人でとても賑わっていました。
thumbnail_DSC_1781[3]
suwan


都会の中の有名な公園なので、人数の多さは予想していましたが、こんなにもいるとは思いませんでしたが、自然が多く、日陰もあり、広い公園なら人気なのも、わかりりました。
thumbnail_DSC_1770[1]

thumbnail_DSC_1772[1]

thumbnail_DSC_1778[1]
thumbnail_DSC_1776[1]

こんな都会の中、、、、いい公園でした。

羽生水郷公園を訪ねて。。。。

今日のムメ散歩は。。。。。。
羽生水郷公園を訪ねて。。。。

羽生駅⇒羽生平和公園⇒東北道側道⇒羽生水郷公園⇒羽生PA⇒田舎教師像⇒円照寺⇒羽生中央公園⇒羽生駅

の約17Kmのコースです。

もう、梅雨明けしてしまい、今日は暑いですが、
いった日は天気にも恵まれ、日中の最高気温が23度くらいで、散歩日和でした。

「羽生水郷公園」
国内ただ1ヶ所の「ムジナモの自生地」を含んだ公園で、東北自動車道羽生ICのすぐ東側に位置しています。
昭和56年、菖蒲田、修景池等の水を取り入れた施設を中心に整備、開設されそうで、昭和58年10月には、園内に「さいたま水族館」がオープンしました。
その後も、生物と自然をテーマにした、さらに魅力ある文化教養型レクリエーション拠点となるように整備を進めていま~す。
とにかく広い、1周すると3kmぐらいあります。
中の池には蓮が咲いていました。
蓮

「ムジナモ」
ムジナモ

ムジナモ1
ムジナモ拡大

ムジナモ(貉藻、狢藻)は、モウセンゴケ科ムジナモ属の多年草の水生植物であり、1属1種の食虫植物です。
浮遊性の水草で、根は発芽時に幼根があるだけで通常はない。葉がハエトリグサと同じく二枚貝のような捕虫器官になっており、動物プランクトンを捕食します。
日本でも1890年(明治23年)に発見されたが、現在では野生の状態で見ることはできません。
環境省のレッドデータブックでは絶滅危惧IA類として埼玉県羽生市にのみ生育しているとされ、埼玉県のレッドデータブックでは野生絶滅に分類されています。

「さいたま水族館」
キャプチャ
埼玉県では、86種類の魚が採捕されています。これらのうち、展示可能な約70種類を中心に展示し、その生態や特徴を解説しています。 天然記念物としては、国指定のミヤコタナゴ、県の魚ムサシトミヨ、食虫植物ムジナモを増殖して展示しています。  国内種以外にも、世界の代表的な熱帯魚も展示しています。

「羽生PA上り線」
Inkedthumbnail_DSC_1730[1]_LI
thumbnail_DSC_1731[1]
江戸の世界観を造る、池波正太郎が描く「鬼平犯科帳」の町を再現、身近に江戸を感じられる工夫がされている、PAエリアとなっています。
建物のこだわり、江戸時代からの老舗なんかもあったりします。
夜になると、ライトアップ感は特に雰囲気が出ていいですね。ぜひ行ってみてください。
ギャラリー
  • 後ろ、後ろ!!
  • 後ろ、後ろ!!
  • やっぱりイクメン??
  • やっぱりイクメン??
  • やっぱりイクメン??
  • こっそり・・・のはず。
  • こっそり・・・のはず。
  • ママやってます!!
  • ママやってます!!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ