こんにちは。

お待たせいたしました!(誰も待っていないのは分かっています・・・)久々にブログを書きます(; ・`д・´)

つい先日、27回目の誕生日を迎え友人達にお祝いをしてもらいました。(ありがとー)
歳を重ねるごとに、1日が早く感じ、1ヶ月、1年と一瞬で過ぎ去っていく感覚です。
3年前は24歳ですが、24歳から27歳になる3年間と、高校1年から高校卒業までの3年間だと後者の方が記憶が「濃い」です。

最近は1年前のことが昨日のことに感じ、むしろ昨日のことが一週間前のことのように感じる訳の分からない現象さえ起こっています(笑) まさに「光陰矢の如し」ってやつです。

何で歳を取ると時間が早く感じるのかには諸説あります。
例えば「ジャネーの法則」これは年齢と時間の感じ方は反比例するという法則です。6歳と60歳だったら10倍速く時間を感じるということです。
それ以外にも、「日常生活に慣れているから」とか「年齢が上がるにつれて心拍数が少なくなると時間が早く感じる」などが言われています。

1日を長く感じたい人にオススメなのは、新しいことをすることだそうです。新しい人に会ったり、新しい仕事をしたり、新しい道で帰ってみたり・・・

1日を長く感じたいがために上記のことをするのは本末転倒な気がしますね(笑)僕は長く感じたいという悩みよりも、過ぎ去っていくスピードが早すぎて1日1日の記憶が無くなっていくのを防ぎたいという悩みなのですがどうすればいいでしょうか(;´∀`)

最近『メメント』という映画を観て、10分で記憶がなくなる人のサスペンス映画だったのですが、その主人公は大事な事柄は身体に針で刻み、それ以外の事は写真を撮ってメモるという手法を取っていました。

僕も昨日食べたものすら思い出せないので、大事だったことは身体にマジックで書いた方が良いのでしょうか?(;´∀`)

※もちろん仕事のことは忘れずはっきり覚えているのでご安心ください。あくまでプライベートです。

それでは(*^-^*)