こんにちは。

家を購入する検討をしている方は、まず欲しい家の条件を考えてインターネット等で物件情報を収集すると思います。それは当たり前のように重要なことですが、意外と見落としがちなのは住宅ローンのことです。

住宅ローンの事前審査は、案内してもらってる不動産屋さんがいればその人から話を聞く機会もあると思いますが、お客様の中には「ここを買うかも分からないのに個人情報を提出して事前審査をするって面倒だし胡散臭い」と思う方もいると思いますので、物件契約前に事前審査を出すことのメリットを纏めてみました。

1.自分がいくらまで借りることができるのか分かるので、物件を見る範囲がより具体的になる。

2.事前審査に通っている人=売る側からみて「この人と契約してもお金のことは問題ない人だ」と安心してもらえるので、同時期に同じ条件で購入希望の人が居てもその人が事前審査を出していない人だったら、その人よりも優先的に契約できる可能性が高くなる

3.事前審査をした物件と同価格帯の不動産を契約したいと思った時や、事前審査を任せた不動産屋以外の不動産屋で契約をする場合にも話がスムーズ。

重要なのは2です。特に新築の場合は、自分が「欲しい」と思ったら他の人も「欲しい」と思っていると考えた方がいいです。つまりはライバルになるので、ライバルに先を越されないようにするのは非常に重要です。実際に事前審査をしなかったために、ライバルに先を越されて買えなかった人を新築戸建を建てる会社に勤めていた時に無数に見てきています。

逆にデメリットらしいデメリットはないのですが、強いてあげるのならば、

1.年収や勤務先など個人情報を渡すことになる

2.もしも事前審査に落ちた場合(1円も貸せないよという状態)、「事前審査に落ちて借りれなかった」という信用情報が数年間履歴として残る

2については若干怖いことを書きましたが、殆どの方はそんなことが起きないのでご安心ください。これが起きた場合は、遅かれ早かれ発覚することですので致し方ありません。

いずれにしても家を買う際に事前審査は避けては通れませんので、そのタイミングが早いか遅いかの違いだけです。早いに越したことはないですし、審査するのは不動産屋ではなく銀行になるので、不動産屋さんからの事前審査の勧めは、その不動産屋さんが信用できそうなら早めにやることをおススメします。

それでは(*^-^*)