こんにちは。

もうすぐ2019年が終わりますが、弊社も明日が今年の最終出勤日となります。最終日とはいえ明日は大事な決済がありますので、最後まで気を引き締めて頑張ります。

僕は2019年が終了するというよりも、2010年代が終了するという感の方が強いです。2010年から2019年までの10年間、本当にあっという間に過ぎた印象です。2010年というと僕は高校3年生でした。その頃は9割以上の人がガラケーを使っていて、ラインなんてなくてメールでのやり取りが当たり前でした。よく思い思いのアドレスに変更して皆に送ったり送られたりしました。メアドの交換は赤外線でしたし、彼女とおそろいの携帯ストラップとかつけてましたよね。電源切れてたりしたらメールセンターに問合せをしたりとか、本当に思い出しただけで懐かしくて涙が出そうです。

「昔は~」とか「俺たちの時代の方が~」とか言う大人たちに当時は「は?今の方がいいしww」とか思ってましたが今のライン世代よりも俺たちの時代の方が良かったと言いたくなる気持ちが最近になって分かってきました。

友人の中でアイフォンを持っている人がいようならば、それだけで一気に神様のような扱いをされていましたよ。

SNSでいっても2010年はmixiや前略プロフィールが流行っていて、Twitterなんて言葉を日常生活で耳にすることの方が少なかったと思います。まして「Youtuber」なんて言葉はなかったと思いますし、今みたいに何かを世界中に発信するなんて発想はなかったです。(と書いて思い出しましたが2010年に僕は「ベースで好きなバンドの曲を弾いてみた」的な動画を公開していました。消せないので放置していますが、現在900回再生は獲得しております(笑) HIKAKINと同期みたいなもんですね)


2011年は東日本大震災もあり、埼玉でも計画停電がありましたよね。卒業式中も緊急地震速報のブザーが鳴り響き、大学の入学式は震災の影響で中止になったりと節目の思い出が「震災」だったことを思い出します。

2013年には東京オリンピック開催が決定して20歳そこらの僕は「2020年ってことは俺27歳か~まだ先だな~その頃はお金持ちになっていて・・・」などと漠然と思っていましたが、2013年の僕に土下座で謝りたいくらい想像とは異なる人生を歩んでいますよ(;´∀`)

「時を戻そう」って言って実際に「時が戻ったよ~」って人います?できないことを求めるのは止めにしよう。(めっちゃぺこぱハマってます)

10年代は僕の世代にとって、様々な節目があった年だと思うんですね。僕で言えば高校~大学~社会人と大人になっていく過程が10年代に凝縮されていますから。そして友人で言えばこれに加えて結婚している人もいるわけですからね。

この10年間で単純な加齢もそうですが、世間も急速に進歩している気がします。2000年から2009年までよりも進歩している速さが違うように感じるのは気のせいじゃないですよね?

2020年代もこのスピードで世界が変化していったら、2029年とかってどうなっているのでしょうか?もちろん進化していく分、淘汰されていくもの・消えていったものもあるはずです。不動産業界もそうですが、僕自身もしっかりと変化の波に対応して2029年も、このブログではないかもですが、同じようなことを書いたり話したりできている生活が送れるように1日1日大切に生きていこうと思います。

それでは(*^-^*)