こんにちは。

今日は住宅ローンを借りる際にかかる2種類の費用について簡単にまとめてみます。
住宅ローンを借りるとき、基本的に事務手数料とは別に「保証料」がかかってきます。

保証料とは万が一返済ができなくなった時に、代わりに支払ってくれる保証会社に支払うお金のことです。(保証会社が払うからといってローンがチャラになるわけではないです)

保証料は金利に上乗せして月々の支払いの中に含める内枠方式(基本は0.2%上乗せが多い)か、借り入れ時に一括出払う外枠方式の2パターンが選択可能です。保証料は35年で借りた場合、100万円あたり25,000円くらいかかるので、3,000万円を借りる際は、75万円くらいかかる計算になります。(借り入れ年数、借り入れ銀行によって若干異なります)

保証料は繰り上げ返済で予定より早く完済するとそれに応じて返戻金がありますが、額は大きくないので保証料の面での繰り上げ返済の旨味はそこまでないです。

一般的に多いのは上記の保証料型になります。

一方で、ネット銀行を中心に保証料不要を謳う住宅ローンのプランがあります。その時に発生するのが融資手数料型です。

このプランは保証会社に払う保証料ではないので、繰り上げ返済をしても返戻金がありませんが金利が安いことがメリットとして挙げられることが多いです。

一見すると保証料もなくて金利も安いなら最強と思うかもしれませんが、融資手数料は保証料型と変わらないくらいの高額というカラクリがあります。

また、最近の都市銀行はネット銀行の融資手数料型に対抗して、保証料型でもさほど変わらないくらいの金利の低いサービスを提供し始めています。どちらが良いか悪いかというのはお客様それぞれの状況に応じて変化していくので、一概に言えませんが数字だけで判断しないようにしましょう。

個人的には普段からメインバンクで取引している銀行の住宅ローンが良いと思います。普段の引き出しの手数料が無料になるサービスだったり、銀行からの信頼もされているので審査や契約がスムーズだったりします。僕は引き落とされる口座は一つにまとめたい派なので、僕みたいなタイプであれば既存の口座から住宅ローンも引き落とされた方が楽だなと感じてしまいますね。

とても簡単な説明で恐縮ですが、大きく分けるとこんな感じというのが少しでも分かって頂けたら幸いです。

それでは(*^-^*)

ふじみ野市鶴ヶ丘のオススメ物件ブログはこちら