愛和住販スタッフのブログ

埼玉県坂戸市にある不動産屋「愛和住販」のスタッフのブログです。不動産に関するマメ知識から映画や音楽などのサブカルのことまで。スタッフの日々の日常をほぼ毎日綴っています。

2021年03月

にゃオー・にゃおー。
高い声で車の横から 家政婦は、見たのように呼んでます。
毎日来るようです。 薄汚れた白い猫 男の子です。
ご飯・ご飯と叫んでいます。結構生活にはりがでます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。


昨日はドバイにて2年ぶりのドバイワールドカップデーが開催されていました。サッカーじゃなくて競馬の祭典です。各国から名馬が集まりましたが日本の馬は各レースとも大健闘でした(私は日本馬を1レースも買わない非国民っぷりでしたが)


日本時間では27日の23時30分ごろから翌28日の2時ごろまでだったのですが、超にわか競馬好きの私も友人とオンラインゲームで会話をしながらレースを観戦しました。


メインレースのドバイワールドカップよりも前に行われた「ドバイゴールデンシャヒーン」は最低人気のアメリカ馬「ゼンデン」という馬が1着に!!私はゼンデンを絡めたワイドを購入していましたが、軸馬がこなかったため撃沈。とても悔しかったです。(ちなみに軸馬に選んだ馬は最下位www)


そのゼンデンですが、レース直後に骨折をし、レースから1時間後に安楽死というショッキングな事態となってしまいました。


鞍上騎手も鞭を叩きまくりで馬を酷使しすぎな感じがあり叩かれていますし、タイムも異常にはやく、ドーピング疑惑も浮上しています。(調教師もアメリカでは黒い噂もある人らしいとネット民)


もし本当にドーピングをしていたとしたら、賞金を剝奪されないように怪我をいいことに安楽死させた可能性も出てきますし、なんかすごくモヤモヤした気分にさせられました。


メインレースのドバイワールドカップも2頭が放馬し、うち1頭はレース直前で出走除外になりました。
(私が厚く買っていた馬ですwww)そしてもう1頭はゲートに入った直後に騎手を落として逆走。(無事にレースには出ていましたが落とされた騎手はゼンデンに乗ってた人なので、ちょっと笑いました)


なんだか色々と波乱があって、終始モヤモヤしましたね。日本勢は大健闘、おめでとうございました。


それでは(*^-^*)
このエントリーをはてなブックマークに追加

桜  8分咲きsakura[1]
今年は、色が薄いでしょうか? 白木蓮、花瑞樹、大木の白い花は、どれか見間違える!暖かい日々が
増えてますます花が全開です。川越は、桜並木が沢山あります。喜多院、伊勢原公園・街路樹綺麗です。 来週中が見どころ満載。
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。


昨日、夕方のニュースを見ていると「住宅街と外を繋ぐ唯一の橋が封鎖されている」というニュースが流れてきました。どうやら、その橋がつい最近まで公共のものだと認識されていたが、所有者がいたらしく、その所有者が橋を封鎖し、通行料や橋の買取を求めているということらしいです。


Yahoo!ニュース


この問題は難しいですね。所有者の方の主張として「補修代金や老朽化で橋が壊れたなどでケガ人が出た際に責任が負えない」というもの。住人は「今まで無償で通行していたのに、いきなり所有者が出てきてお金を要求されるのはむり」というもの。通行料は2万円を請求しているらしいです。


どちらの言い分も、間違ったことを言っているわけではないと感じます。


一番責任があるのは、この住宅地を開発した不動産屋だと思います。重説などでこの橋が私橋だという説明を誰も聞いていない時点で大問題ですし、行政もこのような場所での開発許可をよく下したなと思います。(こういう不誠実な不動産屋が居るのも事実です・・・)


橋に限らず、私道などもトラブルの元ですので、前面道路が私道の物件を購入する際はしっかりと説明を聞きましょう。(というか我々不動産屋がしっかりとご説明します。)


もし既にお住まいの場所が私道なのか、持分はどうなっているのかという点が不安な方は、お手元の重説をご覧頂くか、市役所・法務局で公図や謄本、道路台帳を閲覧または取得することができますので、
ご自身でチェックするのもオススメです。(2000円くらいあれば全部取得できます)


愛和住販では不動産のお困りごとの相談を随時受け付けておりますので、
お気軽にご相談下さいませ。




フリーダイヤル:0120-04-0705

それでは(*^-^*)

このエントリーをはてなブックマークに追加

スターバックスで飲む ダークモカプラペチーノ。

我が家での好物。冷たい飲み物。共有の呼び名。
starbucks-darkmoca[1]
大好きだよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ