愛和住販スタッフのブログ

埼玉県坂戸市にある不動産屋「愛和住販」のスタッフのブログです。不動産に関するマメ知識から映画や音楽などのサブカルのことまで。スタッフの日々の日常をほぼ毎日綴っています。

2019年12月

昨日の大掃除 靴を捨てる。ヒールの靴10足 ブーツ5足

2年終い続けたダンボールの洋服を捨てる。

和室の障子 張替。

2回目の大掃除。


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

いよいよ明日から『スターウォーズシリーズ』の最新作が公開されますね。僕も勿論、劇場で観るつもりなのですが、何故だか毎回毎回ストーリーが思い出せないんですよね。

映画の公開順でいくと、「4,5,6,1,2,3,覚醒,最後のジェダイ,最新作」という順番なのですが、物語の時系列を追うためには「1,2,3,4,5,6,覚醒.最後のジェダイ,最新作」という順番なんですよね。僕は2015年の『フォースの覚醒』と2017年の『最後のジェダイ』は劇場で観ましたが、それを見る前に毎回、「1,2,3,4,5,6」の順番で観てから最新作を観てきました。

今回もストーリーが全く頭から抜け落ちているので、最新作を観る前に8作観ないといけないことになります。2.5時間×8なので、単純計算で20時間必要になってくるんですね( ;∀;)

毎回時系列ごとに1~6の流れで観ていくと、3~4の間で30年くらいの年月の巻き戻しが起こるので、物語は進んでいても映像の劣化ぷりがすごいことになるんですよね。

恐らく最新作を劇場で観るのは来年になってからだと思うのですが、僕も毎回ストーリーが抜け落ちているということは、僕にとって大して興味がない作品だったのかもしれませんね。でも1作品観始めると連続で延々と観たくなってしまう面白さがあるので、今回は20時間通しで観た後にすぐに映画館に行けるように前もって最新作を観る時間を逆算して、1から観始めようと思ってます(笑)

来年は『ドクタードリトル』や『ウェストサイドストーリー』など名作のリメイクや続編の公開も予定されていたり、個人的に興味がある映画が数本公開予定なので、スターウォーズシリーズという冬休みの宿題的なボリュームのある課題はさっさと片付けたいというのが最近の大きな悩みですね(笑)

それでは(*^-^*)















このエントリーをはてなブックマークに追加

先日 後 何日も無いと恐怖でしたが、昨日少し掃除をはじめたら、結構すすんで( ^ω^)・・・。

大丈夫だと 年内に簡単に終わる予感が! 怠け癖が充満していたと言うことでした。

今は、掃除が楽しみです。 外猫にも、新しーいお家あげました。あとは、捨てることに専念。新しーい年は、簡素

な年に仕様と思っています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

ニュースを見ていると若者が忘年会を欠席する「忘年会スルー」なる言葉が連日のように報道されていますね。僕も前職では忘年会や納会など事あるごとに飲み会が行われていましたが、結構みんなノリノリで参加していたように感じます。

弊社は忘年会という行事はどうやら無いようなので、友人達の忘年会シーズンの話をきくと(大抵は面倒というような内容)「みんな大変だな~」と超他人事の感想を思う訳です。

忘年会スルーに世の中では賛否両論ありますが、個人的には「参加したほうが良い」と思っています。
サラリーマンって集団生活を重んじなければいけないと思うので、そこを欠席するというのは皆の和を乱す行為なので、欠席することに不快感を感じる人がいるのであれば参加するべきだと思うのです。

それに普段仕事中は話さなかった人とも仲良くなるチャンスですし、仲良くなることで自分が見えていなかった分野の視野や経験の追体験ができて、成長もできるきっかけになるんじゃないでしょうか。

僕は超ど真ん中のゆとり世代ですが、こういうニュースで評論家の人が「これだからゆとりは~」とか言っているのは嫌ですね。(世代で一括りにしてとやかく言うのであれば、団塊の世代とかバブル世代とかに言いたいことは沢山ありますし、世代で区切ること自体が無駄な議論ですからね)

今月はあと2回ほど仕事でお世話になった方々との忘年会に行ってきますがスルーせずに楽しんでこようと思ってます。(お酒が苦手なことを知ってもらっているので、大好きなコーラをたらふく飲んできます)

世の中的には今週が忘年会シーズンの繁忙期だと思いますが皆様におかれましても、お酒でのトラブルにはお気を付けください(笑)

それでは(*^-^*)
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

今日は不動産営業マンの平日の動きについてを書いてみたいと思います。基本的に土日が販売活動のメインになるため、平日は販売活動のための準備などに動いていることが多いです。ネットに掲載する物件の写真撮影をして登録作業をしたり、お問い合わせ頂いた物件の資料作成を行ったり、現地販売会の看板等を作成したりしています。

ご契約を予定している場合は契約書や重説の作成をするために役所や法務局で建物に係る権利関係等の調査や、現地の調査を行い、資料を作成したりします。ご契約後から決済までの間のお客様がいる場合は、住宅ローン関係で銀行さんとの打ち合わせや、司法書士さんとの打ち合わせなど決済に向けた準備を行います。

上記とは別に売却したいなどのお問合せを頂いた場合、現地調査を行い買取金額の査定をしてご報告をしたりします。

基本的にどこの会社の営業マンもこんな感じの1日を過ごしているのではないでしょうか。不動産屋と聞くと動かす金額が大きいからダイナミックな仕事だったり、羽振りの良い華やかな仕事だと思っている人もいると思いますが、やっていることは本当に地味ですし地道です。また、頑張りに比例して評価されるなんてこともなく営業マンは結果至上主義です。営業会社は結果が全てなので「頑張った」という抽象的な部分を見てくれる会社さんは極めて稀でしょう。

特に不動産屋さんは運転免許と元気さえあれば年齢も関係なく比較的就職しやすいですが、離職率も多い業界です。一攫千金やダイナミックな仕事を期待してこの業界に足を踏み入れる人ほど、現実との乖離が大きくなりすぐに辞めていくイメージがあります。(僕も1年間ほど全く別の理由ですが不動産屋を離れていましたので他人の事を言える立場ではないです)

なるのは簡単ですが一人前になるのは相当難しい世界なので、異業種と一緒で結局は地道にコツコツと頑張っている人が成功するのではないでしょうか。僕も1日でも長く不動産業界で仕事ができるように日々精進して一人前を目指していこうと思っています。

なんだか切ない感じで終わってしまいましたが、不動産業界のことを少しでもご理解頂けたなら幸いです。

それでは(*^-^*)


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ