こんにちは。

今日の夜は、僕が大学生時代に塾でアルバイトとをしていた時の教え子と飲みに行ってきます。僕はアルバイトをいくつか掛け持ちでやっていましたが、当時の斜に構えていた僕は「友達と遊ぶために面倒だけどアルバイトしてお金もらってるんだから、アルバイト同士で遊びに行ったり飲みに行くのなんて本来の目的からズレてるぜ」と思っていたので、仕事中に雑談するくらいで、バイト同士で遊んだり飲みに行ったりすることを頑なに拒んでいました(笑)なので学生時代のアルバイト先の同僚の連絡先も、もはや誰と働いていたのかも覚えておりません(笑)

そんな中、先日SNSで見覚えのない女性からフォロー申請が来て確認をすると、当時中学生だった教え子でした。飲みに行こうと誘ってきてくれたので行ってきますが、なんだか感慨深いですね。

当時中学生だった子が今では女子大生で成人もしている訳ですから。僕がその子を教えていた時は19歳くらいでしたが、その年齢よりも上なんですもんね。

そりゃこっちも歳をとるわけですね。自分の誕生日で歳を重ねることよりも、知り合いの子供とかの年齢を聞いた時の方が、自分の年齢を実感しますね。

実に8年ぶりくらいに再会するので、もはや今流行りのマッチングアプリでアポ取って人と会う並みの初めまして感が僕の中では強いのですが、こうして連絡を取ってきてくれることは素直に嬉しいことなので、元気そうな近況を聞けるといいです。

それでは(*^-^*)