今は 秋~

食べることも、スポーツをするのも、何をするにも、いい季節「秋」

秋から冬にかけては体重増加注意報発令中!
毎年、どうしても太ってしまって・・・という方も多いのでは、、、、?

活発になってくる食欲、、、、なぜなのでしょうか?

①セロトニン分泌量の減少
脳内の神経伝達物質で、安定化を保つ作用のあります。
セロトニンは、日光にあたった時間が少ないと分泌量が減る傾向があり、食欲の調整にも深く関わっています。

秋になると食欲が増すのは、たくさん食べたり眠ったりすることでセロトニンを増やし、
精神の安定を保とうとするからではないかと言われています。

寝ても寝ても眠いというのも、これからきているのもしれませんね。
食欲の調整のためにも晴れた日には外に出て、気分転換することを心がけた方が良さそうです。

②気温が低下したことで、基礎代謝がアップ、エネルギー補給量増
体温保持のため、体の中から温まりはじめ、基礎代謝が上がることは良く知られています。
気温が低下し基礎代謝が上がり、それだけエネルギーを多く使ってしまう。その分を補給しようとお腹がすくことも納得、頷けます。

③その他の理由
「夏バテ気味で低下していた食欲が、涼しくなって回復する」「秋は美味しくなる旬の物が多いので、
食べたくなるのは自然なこと」 「食べ物が捕れなくなる冬に向けて秋のうちに食べて身体に蓄えておくという、生き物の自然の摂理」 など、とにかく「食欲の秋」は誘惑は多いです。((笑))

「~すぎ」には注意しましょうね!