日本人で最初に花火を見たのは、徳川家康であるという説がある。

通信の手段であった狼煙(のろし)。花火鑑賞に火をつけ、花火作りが始まったとされる。

中でも家康の故郷でもある三河では、今も花火作りが盛んで、有名な伝統花火、『金魚花火』が大量に生産されている。
hanabi1-e1427522377294
江戸でも、花火はとても有名。
花火といえばつきものの、『たまや~かぎや~』という掛け声、実は江戸時代の『玉屋』と『鍵屋』に由来しているのだ。

1659年鍵屋が民間花火業者として成立。鍵屋八代目の頃、番頭の清七という人に暖簾(のれん)分けをし、清七が【玉屋】の屋号で花火屋を始めました。今の隅田川花火大会の原型ともされる、『両国川開き納涼花火』は1733年に始まった。鍵屋は六代目から参加。この大会で、『玉屋』と『鍵屋』は、上流に『玉屋』、下流に『鍵屋』がそれぞれ担当し、二代花火師の競演となった。これを応援する為の掛け声が、『たまや~かぎや~』。歓声とともに花火の美しさを競い合いました。
しかし玉屋は天保14年(1843年)に失火で街を半町程類焼させてしまい、江戸を追放されてなくなってしまいました。

現役のころから「たまや~」の掛け声のほうが多く、その後も掛け声の代名詞として現在に至るのはなぜでしょう?
ひとつは花火の技術が勝っていたこと。もうひとつは、語呂が良いので掛け声を掛けやすかったこと。そして、江戸っ子気質がそうさせたこと。

「橋の上 玉屋玉屋の声ばかり なぜに鍵屋と いわぬ情なし」

これは、実力があったのにたった一代で花火のように消えた「玉屋」への愛情を示したもの。「情」に「錠」をかけており、「鍵屋の声がねぇのもしかたあるめぇ。錠がねぇんで口が開かねぇ」という詠み手の洒落を含んでいます。
illust1817

現代は花火は「鍵屋~!!」なんでしょうね。

「鍵屋(かぎや)」はその後もさまざまな花火を開発して日本の花火界をリードし、現在は女性当主が鍵屋15代目として活躍中で~す。