坂戸店スタッフのブログ

愛和住販坂戸店のstaffのブログです。

樋口一葉記念館~上野駅 ムメ散歩 約12km

今日のムメ散歩は樋口一葉記念館~上野駅のコースです。
1月~2月は天気が良くても、からっ風やビル風でとても寒い都内
今日は天気もよく、風もなく、散歩には絶好の日となりました。
thumbnail_DSC_2899[1]

コースは上野駅、下谷神社、誓教寺、松葉公園、聖徳寺、かっぱ寺、かっぱ橋道具、池波正太郎記念文庫、浅草寺、花川戸公園、鷲神社、樋口一葉記念会館、千束稲荷神社、東盛公園、上野駅です。

thumbnail_DSC_2918[1]
thumbnail_DSC_2916[1]

thumbnail_DSC_2914[1]

樋口一葉(本名 奈津)(1872年「明治5年」~1896年「明治29年」)
5000円札の肖像としても有名な樋口一葉
幼少期は裕福な家庭に育ったが、17歳に父を亡くし、戸主として一家を支えなければならなくなってからは苦労が多かった。
小説家を志し、生活をしていこうと思うのですが、それだけでは、生活出来ない状況に。生活苦打開の為、荒物と駄菓子を売る雑貨店を(下谷龍泉寺町(現在の台東区竜泉一丁目))始めた。
この時の以降の経験が後に代表作となる小説「たけくらべ」の題材となっている。

物語の舞台は、龍泉寺町界隈と遊廓吉原になっており、いずれは吉原の遊女となる美登利と僧侶となる信如の思いのすれ違いをはじめとして、大人へと成長していく子どもたちの様子が、季節ごとの行事を織り交ぜながら見事に描かれています。
この作品は多くの文学人より評価され、森鴎外や島崎藤村らもも高く評価された。

一葉は<奇跡の14ヶ月>といわれる、明治27年(1894)の12月~明治29年(1896)の1月の間に「大つごもり」「たけくらべ」「にごりえ」「十三夜」等の代表作を執筆しています。

その当時は文学賞等はなかった時代。今の文学賞作家、それ以上の人物だったといえるのではないでしょうか。
結核で24歳という若さで亡くなってしまうのです。

樋口一葉記念館にいってわかったことですが、「一葉協賛会」が中心となって運動し、台東区は1961年
(昭和36年)に記念館建設したということです。

ずいぶん前からあったんですね。58年前からあったことになりますね。

地元のひとにも樋口一葉は愛されていたんだと思いました。
www.taitocity.net/zaidan/ichiyo/

是非「樋口一葉記念館」いってみてください。

「紅茶うがい」VS「インフルエンザ」


インフルエンザ
全国、インフルエンザの大流行です。
姪っ子もインフルエンザA型に。。
各地の学校も学年閉鎖、学級閉鎖が起こっています。
死者も出ていて、予防が大切です。
と、いうことで、基本的な予防方法です。

政府広報オンライン
https://www.gov-online.go.jp/useful/article/200909/6.html

では、
①正しい手洗い
②ふだんの健康管理
③適度な湿度を保つ
④人混みや繁華街への外出を控える
と 「暮らしに役立つ情報」として掲載されています。






紅茶

紅茶がインフルエンザウイルスを抑制する働きがあるような事を友人から聞いて
それもネットで見てみました。

紅茶には、インフルエンザウィルスの活動や増殖を抑える働きがあるようです。
ボツリヌス菌に対する殺菌力はなんと緑茶より強く、砂糖を入れても関係ないそうですよ。
殺菌作用は主に、テアフラビンという紅茶の中に含まれています。
赤い色素でポリフェノールの1種です。
緑茶に含まれるカテキンが発酵してテアフラビンなるので、もともと1つの成分だったんです。
殺菌作用は即効性があり、衛生状態のよくない国でも紅茶は活躍しています。
「紅茶うがい」はアフラビンの殺菌効果により、1日2回のうがいでインフルエンザにかかる率が減少したと報告されています。
殺菌成分がインフルエンザウイルスに吸着し、体内の細胞に引っ付いてしまうのを防止している為だそうです。

「紅茶うがい」
かぜやインフルエンザ予防にお試しください。

昨日の新年会

朝9時半  最寄りの駐車場へ車を駐車。
丸の内線新木場行きで和光市まで東西線で西早稲田下車。徒歩20分弱で穴八幡宮。
冬至から節分の間だけ 一陽来復お札とお財布に入れる一陽来復御守りを戴きにいってきました。
平日なのに、的屋のお店がが出ていました。それ以上お札を戴く👬が、本堂から階段下の道路まで
ずーと並んでいるんです。全国からくるんです。それだけご利益があり、信用されてるとの事でした。
2月3日から2月4日の間の0時丁度に今年の決まった位置に向けて、絶対おちないよううに円錐形の
お札を貼るんです。万が一落ちたらもう貼れない!。そのまま神社にかえさなくてはいけないそうです。
今年初めてですが、頑張って貼ってみます。商売繁盛・金銀融通のご利益です。そして池袋の待ち合わせ
のレストランで ランチコースとサービスドリンク白ワインで乾杯しました。 
ギャラリー
  • 野良猫 uwoー
  • 川越電気鉄道
  • 川越電気鉄道
  • 川越電気鉄道
  • 川越電気鉄道
  • 川越電気鉄道
  • 樋口一葉記念館~上野駅 ムメ散歩 約12km
  • 樋口一葉記念館~上野駅 ムメ散歩 約12km
  • 樋口一葉記念館~上野駅 ムメ散歩 約12km
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ