坂戸店スタッフのブログ

愛和住販坂戸店のstaffのブログです。

ゆず

昨日 いいお天気でした。掛け布団と毛布洗いましたぁ いい香りと思い夢の中  えぇー!

やられました。 昨日は、他の猫にやきもちやいてたの解かっていたのに、かまわず寝ちゃったんです。

足元から2枚とも 冷たい‼  洗濯機の所へ  寝ぼけ眼で隣の和室の押入れから客用の掛け布団とタオルケット

冷えた身体にかけて 再度夢の中  今朝も忙しく ゆずに声もかけず出勤してきてしまいました。

今日は、帰ったら遊んであげなくちゃ!

お風呂場リホーム

何処からともなく お風呂場の土台のセメント部分に 水漏れのシミが・・・。 もう3年位経ちますか 

要約 不安が増してきた! 決心のリホームとなりました。  我が家の ダダ息子が 抵抗してるのですが

我が家の 近くにアパートメントホテル(民泊)があったんです。! びっくりΣ(゚Д゚)

息子のルーテインが、 朝4時半ごろから 湯舟につかって あさの目覚ましにしているんですね。

ゆっくりゆっくり 目お覚まして 5時半から6時の間に 自転車で 的場駅までいきます。 そして電車で仕事場へ

この朝のルーテインが 出来なくてなきそうだったんです。

良かった 民泊予約しましたぁ!!

「お花見」なぜ、、、

今週から本格に暖かくなり、関東の桜の花見も、今日、明日がピークではないでしょうか?
さくら

日本人はなぜ桜好き?桜が人気のわけは?って思いませんか?

桜は最も愛されてきた花の一つです。桜は日本の国花であり、平安時代以降、花見といえば桜をさすようになり、今のスタイルが定着したのは、江戸時代から。
さくら1
さくら2

でも、なぜ桜ばかりが、もてはやされるのでしょうか。

桜は爛漫と咲き誇って、散り際のいさぎよさが、日本人の気質にあっているから。
咲く期間が短ければ短いほど、咲くのを心待ちにしたり、散るのを惜しむ気持ちが強まる。等

日本人が桜好きとなったのは、季節の移りかわり、特に春への移ろいを読み取ってきた歴史があります。
天気予報もなかった時代、農民は桜の開花にあわせて田んぼの準備をしたり畑に種を、
また貴族や武士は、単なる楽しみだけではなく自分たちの権力誇示のため、支配・被
配の確認のために豪華な花見を開き、政治の延長として桜の花見を利用してきたと
いう長い歴史もあります。

もちろん花の美しさもあり、こんにちでは身近で愛着がある桜となっていったことが言えるのではないでしょうか?

「花見は、桜を見るだけじゃないの?」
「なぜ肌寒いこの時期に、桜の木の下に座り、皆で飲んだり食べたりして花見をするのか」

農作業が始まる前のまだ肌寒い時期に山に入り、山から降りてくる
田の神様を迎えて、皆で飲んだり食べたりして豊作を農民たちは祈願しました。
桜の花の咲く頃に、花見の宴を貴族たちは宮中行事として開いていました。

どちらも共に酒と肴の「飲食」が伴った花見だったのです。

そして、これらの昔から行われてきた行事が今のお花見の起源となっているの
だ肌寒さが残るこの時期に、桜を見ながら皆で飲食を共にすることが日本の風習とな
りました。

毎年、飲みすぎただの、騒ぎすぎた~だのしている花見の起源は大切な行事だったんですね。
新入社員・若手が幹事をして場所取りから飲食手配・準備までする花見はは、こんなに歴史があったと
改めて考えました。
はなみ3

みなさん、飲みすぎ、騒ぎすぎに注意して「お花見」楽しみましょうね!!

ギャラリー
  • もっと鉄道に乗ろう!!
  • もっと鉄道に乗ろう!!
  • もっと鉄道に乗ろう!!
  • 「お花見」なぜ、、、
  • 「お花見」なぜ、、、
  • 「お花見」なぜ、、、
  • 「お花見」なぜ、、、
  • 三芳パーキング
  • ムメ散歩「金沢八景の歴史と海岸を歩く」
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ